一人前の量

焼肉の「1人前」は何の基準か? | Excite エキサイト

焼肉も一人前の量の換算に困りますが、
もう1つ困るのがパスタの1人前の量。
パスタを家庭で茹でるとわかるように、
たぶん1人前の換算は、
乾麺状態の重量かゲージを用いると思います。
この乾麺状態での換算が問題なのです。
これを調理すると、かなりの水分を吸収してしまい、
乾麺での違いが出来上がり時には、
トンデモナイことになっていることもあります。
これがお店で食べる時でも発揮されるわけですね。
もちろんお店では一人前の量は決められていると思います。
その1人前の量がお店によってかなり違うわけですよね。
もともと2人前近くを想定してあり、
取り分けて食べるスタイルのところもあれば、
コース料理を想定しているのか、
これだけだと物足りなくてしょうがないと言う量のときもあります。
まさに注文してから実物が目の前に出てくるまでわからない世界なのです。
なかにはメニューや店内に量の目安を教えてくれるところもありますが、
そんなところは数少ないような気がします。
つまり、事前情報、知識が必要とされるわけなのです。

外で食べるパスタはいいのですけど、
この量に対する不安が付きまとって…
まぁ、そのドキドキ感を楽しむのもいいのですけどね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-04-28 02:22 | 食・酒


<< まだまだ足りない 緊急困難事例 >>