ペトコ・パークに連れてって

素晴らしい試合を魅せてもらいました。
こんな試合なら勝っても負けても納得できたと思います。
まぁ、そのうえ最後はしっかり勝ち切れたので
まったく文句はありません。

それにしても
良いプレイと凡プレイの差が大きかったです。
まさに“まさか”という言葉が似合うミスも多かったのは確かです。
それでも終始試合の流れをコントロールしていたのは
さすがだと思わせました。
今日の試合は
個人技ではなく、繋ぐ集中力の差が勝負の分かれ目だったようです。
西岡のプッシュバント、里崎の送りバント、松中の2度の犠牲フライ生還、
川崎、イチローのベースタッチ。
こう挙げてみる個人技のようですが、すべて流れの中にあったチームプレイです。
これが日本の最大の力でした。
とにかく見ていて楽しい試合でした。
そして勝った日本チームには賛辞しかありません。
ありがとうございました。


<国別対抗野球>王ジャパン世界一 10-6でキューバ降す : 毎日新聞
[PR]
# by yakumo-murakumo | 2006-03-21 16:31 | スポーツ

納得の4強

アメリカはナニを見ていたんでしょうねぇ。
去年の自国で行われたワールドシリーズは
Wソックスvsカージナルス。
これがもっとも近代的な野球だと思わなかったのでしょうか?
バランスを重視しないオールスターのような布陣。
やっぱり負けてしかるべきなんだと思います。

まぁ、あの誤審がモチベーションを下げることに
繋がっているとも思いますけどね。
あれで相手の士気は上がるし
自分たちは盛り下がるのは必至です。
ふつうの人間ならね。

今回の4強のなかでは
韓国、キューバ、日本あたりがそれに該当するかな。
ドミニカはちょっと重量寄りだから
いったん調子を落としちゃうと短期決戦では辛いと思います。
まぁ、アメリカよりはバランス取れていると思いますけど
韓国の強さは早めに準備していたこともあるのでしょうね。
やっぱり野球において連係は大事ですから
それはほぼ恒久チームのキューバとは違い
もっとも割かなければならなかったところでしょう。
それに投手にメジャーが多いのも含めて
WBC球への対応が早かったのも良かったのかな。
日本はいまだにWBC球とかへの対応を取りざたされるくらい
後手後手に回り、小さなミスが出ているのだと思います。
その慣れの違いの分次も韓国が有利だと思っています。
客観的に見ても韓国と日本がベスト2。
ただ底力だとキューバは侮れないですし
勢いに乗れればドミニカも強いです。

とにかく第三者が操作するんじゃなくて
プレイヤーが魅せてくれるおもしろ試合が見たいです。


<国別対抗野球>2次リーグ突破 王監督「神風が吹いた」 : 毎日新聞
日米決戦で物議のデービッドソン審判がまたまた誤審 : 夕刊フジ
[PR]
# by yakumo-murakumo | 2006-03-17 21:14 | スポーツ

ダブルブリラントフィルターの利点

メイン水槽のスポンジフィルターを掃除しました。
ダブルブリラントタイプの片方だけ。
両方掃除してしまうと
水質がかなり変わってしまいそうなので
こういうときのためにダブルブリラントにして
ホント良かったと実感します。
生物濾過能力も魅力ですけど
この二つを別々に掃除出来るのも大きな魅力です。
掃除と言っても他の水槽から廃棄する水の中で
軽く絞っただけなのですが、
盛大に汚くなりました。
もう真っ黒です。
物理的な濾過能力は皆無だと思っていたのですが
そうでもないんですね。
これを取り外すときの影響で本水槽も少し濁りました。
まぁ、これくらいなら平気でしょう…

もう片方のスポンジの掃除は、また来週以降ですね。
それほど急激に水質への変化を促進するわけにはいかないです。
[PR]
# by yakumo-murakumo | 2006-03-15 22:41 | 水槽

初免許更新

普通車免許の更新をして参りました。
なにげに初回更新なのです。
それにしても
免許試験場まで自車で行けるのってうれしいですねぇ
免許を受け取ったときにはバスで行ったものです
本数も少ないので
待ち合わせ時間も含めると1時間以上かかってしまいますから
それが自分の車だとたった15分です
素晴らしい
かなり雪解けが進み
ふつうに走らせられることもあるんでしょう

さぁてこれからも安全運転です
[PR]
# by yakumo-murakumo | 2006-03-15 20:27 |

雪かき24回目+試乗

うやく24回目ですか
今期は意外と少なかったかもしれません。
昨日から雪になっていまして10cmほど積もりました
普段なら放置したいところですが
(この時期は、少し置くと勝手に溶けてしまうことが多いため)
車の1年点検があったのでやむを得ず雪かきです。
さすがに3月に入ってからの雪です。
量はたいしたことがなくても
ものすごく重いです。
明日になったら溶けてしまうだろうなぁ
と思うくらいの湿った雪なのです。

重いとはいえ量は少ないので雪かき自体はすぐに終わりました。
そしてディーラーに愛車を持って行って点検してもらいます。
さすがに1年点検なのですぐに完了とは行きませんので
代車を出してもらいました。
エスクードでした。
自分の乗っている車はスイフト1.3なので
格段に大きくなった気がします。
いや実際に大きいんですけど。
やっぱり慣れないと怖いですね。
ベース的には同じですけど加速の感じや
アクセルの重さとかがゼンゼン違います。
まぁ、でもこれくらいトルクがあると
北海道の道を走るには楽かもしれません。
とはいえ車幅感覚、前後の感覚は…
たった1年しか乗っていませんけど
スイフトの乗りやすさを実感しました。
あ、でも、この2種に共通する部分は見つけました。
ブレーキの感覚は非常に近いです。
こういう効き方をしてくれる限りは安心して走れます。
ただし、広い道限定で。
だって、いまの北海道の道は路側帯に雪の山があって
すごく怖いんです。
[PR]
# by yakumo-murakumo | 2006-03-09 19:29 | 自然・季節

帰ってきた鈴木一朗

ナツカシの応援を聞きました。
「イッチロー」
東京ドームに陣取ったファンが
あの懐かしの応援を再現してくれたのです。
思えば
これを真似して応援がいくつも出来たんですよね
ホント懐かしいです。
自分は東京ドームでの日ハムvsオリックスで
かの応援を聞きました。
あの時点でもイチローは大スターです。
でも、いまじゃ完全に遠い国の人ですからねぇ

4回まではチビリチビリとソツなく得点をむしり取っていたのに
上原がホームランを打たれて同点になったら
完全に目の色が変わっちゃいました。
まさにスローガンの「ストロング&スピーディー」
今後の試合が楽しみです。

<国別対抗野球>日本、中国に圧勝 18―2でコールド勝ち : 毎日新聞
[PR]
# by yakumo-murakumo | 2006-03-03 22:19 | スポーツ

アルビマルギナータの個別育成開始

個体差があるとはいえ
3ヶ月もたつと稚魚の大きさが4cm弱になってきました。
小競り合いの迫力もかなりのものでオスのひれはぼろぼろなのが多いです。
といっても、お裾分けするにはまだ早いでしょう。
というわけで個別飼育もしてみたいと思います。
さすがに、いっぺんに多くの飼育をする余裕もありませんし
なにより経験がないので恐ろしいです。
モルモット実験みたいなものに強制参加させてかわいそうですが
このままでもオス同士の闘争は激しくなるばかりですから
しょうがないです。

1.3リットルの小瓶にオス1匹だけ隔離しました。
水は週に2回換水、親水槽40cmを流用します。
で、1匹にした途端
気の抜けたように派手な模様を失せさせました。
まるで卵を加えたときのような地味な模様になっています。
やっぱり混泳は精神的な負担になるのでしょうか?
いつも攻撃色を出していなければならないですし。
個別にしてあげて良かったのでしょうか?
いや、そのまえに老成して早死にする可能性も…
[PR]
# by yakumo-murakumo | 2006-03-02 20:07 | 水槽

スピードとスタミナと修正能力の不足

特にその場での対処能力に足りない物感じました。
相手に攻勢に出られるとナニも出来なくなる傾向にあります。
あそこで流れを変えられる人がいればなぁ…

両サイドのスピード不足は致命的ですね。
特にディフェンスはスピードに乗ったプレイをされると
混乱を来します。
まぁ、それはセンターの2人にも言えることですが…
きょうもその傾向が随所に見られました。
それに後半になるとスピードが落ちてきて
それでまた抜かれて疲れが倍増する。
これの繰り返しのようです。
これを、あと3ヶ月で修正するのは難しいんだろうなぁ。
根本的な問題な気がしますから。
技術はあっても基礎体力の不足が
日本の強さを引き出してはくれていないのだと思います。

攻めに関しても
クロスからのボールの受け方で、
どうして真っ正面のセンター2人の間から受けようとするのでしょうか?
アメフトで言うところのジグアウトなどの動きで
ディフェンスの前で受ければいいのに…
真っ正面から突破しないと気が済まないのでしょうか。
それと、確かに中村、中田、小笠原の攻撃的パスは魅力です。
でも、そんな同じような攻撃をする人を集めてもダメでしょう。
ポジションチェンジしても抑えやすいのではないでしょうか。
やっぱりいまのチームに松井は必要なんだろうなぁ…
個人的にはそう思っています。

あの中田の最後のヘッド。
あそこにいたのはさすがと追うべきですけど、
それよりも中村のクロス。
その前のプレイで中村が強烈なシュートで
4番スパヒッチの足を止めていたことが
あのフリーを作り出していたのだと思います。
ソレがなかったら…

それにしてもディフェンスラインから攻撃的中盤への球出し。
あれの精度が上がらないとなぁ。
いくら魅力的な攻撃陣を揃えても
力を出し切れないでしょうね。
あんな高い位置で取られたら守備がずたずたになるのも当たり前です。
きょうもいくつもソレがありました。

結果は運良く同点で終わりましたけど
悪いところばかり目に付きました。
実質、完敗としか思えません。

<サッカー>日本、終了間際に中田英が同点弾 ボスニア戦 : 毎日新聞
[PR]
# by yakumo-murakumo | 2006-03-01 02:16 | スポーツ

誰も寝てはならぬ

日本時間で2/24の早朝
荒川静香さんがトリノ五輪女子フィギュアで金メダルを取りました。
期待されていたとはいえ
じっさいに獲得となると…

彼女の使った曲は歌劇「トゥーランドット」
そのなかでもいちばん有名な曲「誰も寝てはならぬ」がフィーチャーされていました。
まさにそんな感じでしたねぇ。
ちなみに、自分は「誰も寝てはならぬ」が流れてくると
パヴァロッティの歌で変換されます。
…そんなことはいいや。
荒川静香さんの演技を見るために
この日寝てなかった人、もしくは早起きした人多いんじゃないかなぁ
ここまでメダルが取れないって言うのはなかったから
日本人全部の期待を背負っちゃった感じかな。

イナバウアーをもう少し長く見たかったですね。
荒川静香さんおめでとうございます。
そしてありがとうございました。


Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
# by yakumo-murakumo | 2006-02-24 20:25 | スポーツ

リハビリ

見ていて安心出来ました。
きょうは得点が入らなくても
すごく楽しいゲームを見せてもらった気がします。
後半途中からアレックスが入ると
途端に危なっかしく感じました。
やっぱり元凶は彼だったのか…

フィンランドは攻め手が無かったように感じました。
日本の中盤からのチェックがそれだけ良かったこともありますけど
それにしても攻めなさすぎ。
ウィークポイントであるアレックスがいないことで混乱していたのかな?
まぁ、前試合のボロ負けから立ち直るためには
良いリハビリになったと判断しておきましょう。
でも、レギュラーが彼である限り
手放しで喜べはしないです。
彼が上がりっぱなしでスペースを与えてしまうのも1つ。
そして守備に回ったときでもきれいに止めようとして抜かれ、
その抜かれた後にはファウルで止めるしかなくなる。
彼の守備の悪いところです。
今回みたいに見逃してくれる相手のほうが少ないでしょうから。

今後のジーコが勝とうとする試合と負けない試合、
どちらを重視するかで変わってくるのでしょうね。

<サッカー>日本、フィンランドに2-0快勝: 毎日新聞
[PR]
# by yakumo-murakumo | 2006-02-18 21:33 | スポーツ