<   2005年 06月 ( 111 )   > この月の画像一覧

大黒がいればダイジョウブ

Excite エキサイト : <サッカー>日本、欧州王者ギリシャ降す コンフェデ杯 : スポーツニュース

まず、今回のシステム変更
4-4-2の2topに柳沢と玉田。
この二人が悪いとは思いませんけど
せっかく機能していたあの3-6-1を捨てる必要があるのか?
今回好調な加地の動きを阻害しないか?
バランスを失いかけたMF陣はダイジョウブか?
という疑問がいくつかまずありました。
でもふたを開けてみれば杞憂でしたね。
相手のギリシャディフェンスが中盤のチェックを怠ってくれたため、
完全にイニシアティブを取ることが出来ました。
あそこで自信がついたのか、その後のチェイシングされてからも、
システムは生きていました。
フィニッシュが悪かったけどFWD二人のコンビネーションもすごく良かったです
ディフェンダーにスピードが無いと言うのもあったでしょうけど
前半は、あれだけ優位にたっていただけに、
最後の詰めを欠いていたことに悪い予感がありました。
加地は相変わらずいい飛び出しがありました。
あれがないと攻撃に広がりがありませんものねぇ。
それに最大の問題点と言われたMFのバランスも、
かなり改善されていたように思えます。
きょうのMFでいちばんよかったのは中田かな。
前に出すぎず、それでいて攻撃陣の動きをしっかり見ていて、
いいコントロールをしていました。
中村もメキシコ戦よりはひどくなく、
彼らしいパスがいくつかありました。
あとは大胆なポジションチェンジかな。
彼は攻撃の柱なのですから、
彼のコンディションで幅がまるで違ってきますものね。
リスタートでは、ゴール前で自由にさせていなくても、
でも、ディフェンス面では強引に決められそうな強さが相手に見られたから、
ちょっとドキドキしていましたよ。
結果的には0点で抑えられたのですから杞憂でしたけど、
きれいなディフェンスだけではやっていけないことを少し感じました。

後半に入るとギリシャも高い位置からプレッシャーをかけてきたんですけど、
どうにもコンディションが悪いと言うか、
日本のボール回しに翻弄された印象です。
ユーロを勝ち抜いたときには、これが効果的だったんですけどねぇ。
でもディフェンスは前半とは違うあくどさを見せていましたね。
早い日本の二人のFWDが走り出す前に捕まえる。
これをやっていたみたいです。
それで玉田が倒されていたこともありました。
そして打開策に玉田→大黒に交代。
ドリブラーとしての速さは玉田ですけど、
ボールが流れてくる位置にいる、
ディフェンダーから消える動きは大黒のほうが上ですね。
味方からは見えて敵からは見えない、
そんな大黒の動きがチャンスを何度も作っていました。
それが、あの値千金のゴールに繋がりました。
中村からのスルーパスに反応して
二人のディフェンダーの間を切り裂くように抜け出した、
素晴らしいゴールです。
それまでの決定的なチャンスを何度もはずしていたジレンマを、
すべて振り払うようなゴールでした。
ホント、大黒サマサマです。

でもいくつか問題点はありましたね。
アレックスのもらわなくてもいいイエローカードとか、
味方ゴール前での気の抜けた球出しとか。
今回はギリシャの不調によって助けられましたけど、
いつも、あんなにうまくいくとは限りません。
もっと、慎重にプレイしてもらいたいものです。

それと、決定的チャンスはずしすぎ…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-20 03:29 | スポーツ

パ・リーグ主義

Excite エキサイト : <プロ野球>セ・パ交流戦を総括 : スポーツニュース

自分はパ・リーグの試合を中心に見ているので、
逆にセにもいい選手いるじゃん、
って感じでしたね。

他の印象としてはすっぐれたピッチャーは、
やっぱり打てないと言うこと。
そしてキャッチャーの苦労が現れてきますね。
知らないチームの選手を相手にするわけですから、
打席ごとの情報収集がカギになります。
その能力に優れたキャッチャーがやはり強いです。
城島なんかリードに気を使うばかり
バッティングの読みがいま一つだったみたいです。
こういう短期決戦では強い選手なのに…
松中は変な感じでした。
DHよりも不慣れなレフトの守備につく日のほうが、
バッティングが良かったイメージが…

いつもの応援チームも違う側面が見られて、
もちろん知らないチームも見られて、
すごく有意義だったと思いますよ。

さてパ・リーグ再開になると楽天はまた連敗街道になりそうな予感。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-19 23:14 | スポーツ

稚魚

自分の家は地下鉄駅5分圏内なんですけど、
すぐ近くの川にはヤマメがいたりします。
さしすが北海道と思える瞬間です。
この時期のヤマメは稚魚が多いです。
この川は禁猟苦の設定がないのですけど
やはり自発的に控えたりするのです。
毎年、体長3cmくらいの魚影がいっぱい見られるとうれしくなっちゃいます。
その稚魚を捕まえてみました。
こんな稚魚を釣るほうが難しいのです。
なので手網ですくってしまういます。
まぁ、稚魚とはいえすくうのも大変なのですけどね。
近所の小学生がうらやましがるという自慢も添えておきます。
ヤマメは大きくなって海に下るものも現れます。
そうなるとサクラマスと名前を変えます。
この住宅街を通る間は川幅1mに満たないところが続きます。
そんな川を母なる川として、
毎年数匹は遡上してくるのです。
今年はこの稚魚の中からどれくらいサクラマスとなるのでしょう。
そんなことが好きで、
毎年、この稚魚たちと戯れるのです。

あ、いちおう書きますけど、
このあとすぐに逃がしました。
ヤマメは生育させるの難しいですから。

d0018372_19192574.jpg

[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-19 19:21 | 生き物

結果は大事

Excite エキサイト : 日本、引き分けて16強入り サッカー世界ユース : スポーツニュース

まずはオメデトウございます。
カタチはどうあれ、
16強入りは最後まで諦めなかったことについてきた結果です。
それに、この若い世代は経験を積むことがすごく大事。
まだ試合を続けられることを素直に喜びたいです。
でもなぁ、いつも森本が出てきてから得点しているような気がします。
もちろん、本人は得点していないので、
どこまで脅威になっているのかは未知数ですけど、
明らかに、彼が出てからのほうが流れが良くなるのは確かでしょう。
スーパーサブだけで使うのはもったいないなぁ…
平山・森本の2トップ見たいなぁ…ブツブツ
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-19 01:38 | スポーツ

株主総会間近

Excite エキサイト : <敵対的買収アンケ>企業の7割以上が対策急ぐ実態が判明 : 経済ニュース

総会のお知らせのいくつかは、それ関連がメインでしたね。
そんなところに気を回していられないところもありますけどね。

ホント、今月は株主総会の花盛り。
まぁ、どうせ行くことはないんですけど。
それにしても便利になりました。
インターネットでも議決権の行使が出来るんでね。
取り仕切るところによっては出来たり、出来なかったりしますが、
それでも出来るところが増えたのは確かだと思います。
最近では葉書を出すのも億劫になってしまって…

こういうのは楽になると本当にうれしいです。
ましてや総会に顔を出すなんて考えられません。
小口の議決権を持って参加するのも退屈ですから。
そのうち総会の様子もネットで配信するんでしょうか?
いらないサービスだなぁ。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-18 21:52 | ニュース

俊輔応援団

Excite エキサイト : 造反俊輔、ギリシャ戦先発外せ…チーム内に亀裂も : スポーツニュース

てやんでぇ、
いま日本に必要なのは、
味方に取れないようなパスしか出せないナカタじゃなくて、
調子がいいときには素晴らしいイマジネーションを見せてくれる
中村俊輔しかありえないです。
ボランチに居ながら、満足な守備も出来ないような人を崇め奉る必要なんかないのです。
攻撃センス、パスの引き出しに関してなら俊輔のほうが上なのです。
しかし、彼の場合は調子に波があります。
その低いときを基準においてしまうのは可愛そうです。
ずっと低調だが、一般的に見ると平均的なプレイに終始する人とは違うのです。
ナカタは膠着させることは出来ますが、切り開くまでは出来ないのです。
そこをわかってもらいたいのです。
日本が真に当てにしなければいけないのは、
俊輔の創造性なのです。
ナカタをメインに据えれば善戦、惜敗と評価されるでしょう。
でも勝つチャンスのないパスを送られても困るのです。
どんなカタチであれFWDに通してもらわないと波状攻撃も仕掛けられないのです。
自分は中村と小笠原のコンビを崩して欲しくないですね。
個性もかみ合っていると思います。
まだ小笠原は世界の圧力に慣れていない部分はありますけど、
直に見劣りしなくなることでしょう。
中村と小笠原のコラボレーション。
どちらも個性的で持ち味の違いがかみ合っています。
いままでの日本でもっとも美しいコンビになってくれると思います。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-18 19:58 | スポーツ

シマエビ解禁

この時期のシマエビはおいしいです。
ザル一山300円で買ってきたものらしいんですけど、
これが甘味があっておいしいんですよ。
それに抱卵状態のものも多く、
これもおいしい一因かな。
まぁ、こういうエビって意外と食べ方が限定されます。
頭を取っただけのものにむしゃぶりつくしかないという。
卵はうっすらと塩味です。
はっきり言ってしょうゆとかも使わないほうがいいんです。
エビの甘味と、卵をそのまま味わうのがいいんのです。
旬のシマエビ。
この時期だけのお楽しみかな。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-18 19:34 | 食・酒

校正ミス

ボーナスは日本の伝統文化!? | Excite エキサイト

自分もボーナスをもらえない立場なので、
ボーナスに対する思いはなくなっていたりします。
もらっていた時期もギャンブルで当たった程度にしか考えていなかったし、
小粒なギャンブル程度しかもらえなかったし…

この記事を読んで気になったのは、その年号ですよ。
> 1976(明治9)年のこと
思わず吹き出してしまいました。
自分のblogではいっぱい校正ミスあるのにも関わらず、
こんな公式の記事中にミスを見つけてしまうと喜んでしまうのです。
悪い性格ですねぇ。
そんなわけでボーナスなんて、
ボーナスなんて、ボーナスなんて、
いらないやい。

> 1876(明治9)年のこと
もう修正されてますね。
ツマンナイヤ。


> kiyoaki.nemotoさん
コメントありがとうございます。
まぁ訂正してもらえるのはありがたいことなんですけどね。
一抹の淋しさがあると言いますか…
校正は紙に出力しないとやりにくいんですよね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-18 01:09 | ニュース

在宅介護支援センター

Excite エキサイト : “老老介護”の果て殺害 70歳妹と、82歳兄が供述 : 社会ニュース

こういう都市型の地域では介護保険を知らない、
もしくは他人を受け入れようとしない老老介護が、
まだまだあるんですよね。
そのために在宅支援センターを作って
いろいろと対応(アウトリーチ)しているんですけど、
なかなか対応しきれないのが現状みたいです。
ここにも人手不足の弊害が…
だいたい老健とか特養に併設されているんですけど、
貴重なケアマネをお金になりにくい、
この施設へ力を注ぐことは難しいでしょうね。

在宅での家族による虐待って、
実はよくあるみたいです。
(ああ、自分が見知っているようなことを発言してはいけないですね。
結果的には虐待かもしれないと思えるものもある、にしておきましょう)
把握しきれないだけで…
そういうのを防ぐためにがんばらないといけないんですけど…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-17 23:39 | ニュース

課題がたっぷり

Excite エキサイト : <コンフェデ杯>日本、逆転負け メキシコに1-2 : スポーツニュース

得点差以上に差のある試合でした。
あれだけ自由にボールを支配されていると体力もなくなるだろうなぁ。
後半はほとんど足が止まっていましたね。
いいなぁっ、て攻撃があっても単発で終わってしまい、
脅威的とはいえないものでした。
対してメキシコの攻撃は、ボール支配だけではなく、
リスタートでも主導権を握っていて、
日本はまったくいいところ無しです。
相手のFWDボルヘッティが決定的な場面でいくつかはずしてくれていたから
この最小点差で終わっていますけど、
そうじゃなかったら…
タラレバは禁止ですね。ごめんなさい

中村のコンディション悪かったですね。
キレもバランスも視界も感覚も、
すべて悪かったです。
もっと早めに選手交代するべきでしたね。
中村からのミスでボールが奪われるシーンがいくつもありました。
あとは中田もバランス悪かったです。
ときどきすべって転んでいました。
もともとボディバランスのいい彼があんな感じになるのは、
調子の良くないときです。
そんな彼を司令塔に残すなんて…
彼のディフェンスってドア・ディフェンスって言いますか(そんな用語ないけど)
付きまとうだけですぐ振り切られること多いんですよね。
意欲は買えるんですけど、実質それほど貢献していないって言うか…
小笠原だけを司令塔として残して欲しかったなぁ
司令塔3人の中では、彼が比較的良かったしねぇ
守備はボロボロでしたね。
福西と加地のがんばりは良かったですけど、
それでもディフェンスラインとボランチのラインが、
離れすぎたり、吸収してしまったり
とにかくバランスが悪かった。
それにあのリスタートのときのフリーにさせすぎるのはなぁ。
2点ですんで良かったと言う感じです。
中沢が居てもどれだけ変わるか疑問かな。
まぁ、彼のよさは制空だけじゃないんで変わるとは思いますけど、
全体のバランスを修正出来るまでには至らないと思うので。

攻撃のときの消極性も相変わらず目立ちましたね。
パスをまわすだけであまりドリブルしようとしないので、
どんどんパスコースがなくなっていって、
それで相手にインタセプトされるシーンも多かったです。
消極的な姿勢と弱気のパス。
世界で戦うには、まだまだ気持ちが弱いです。
それに得点シーン以外での笑顔の多さが気になりました。
フィールド上でナニを笑っているんだか…

とにかく課題満載です。
修正するところ、レベルアップしなければならないところが多すぎて楽しいでしょうね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-17 12:59 | スポーツ