カテゴリ:水槽( 40 )

ブラックウォーターを求めて その2

前回は一般にブラックウォーターを作る道具として
ピートモスを利用する方法を挙げてみました。
今回は見た目にもこだわった道具を挙げてみましょう。
それは枯葉を利用する方法です。
枯葉と言ってもどれでも良いわけではないようです。
東南アジアのブリーダーが利用しているのは
シーアーモンドの葉です。
けっこう大きめの葉っぱで20cmくらいあります。
枯葉なのでレイアウトに使ってもそれほど違和感はないです。
ただし大きいので使いどころが難しいのが玉にキズ。
水量20リットルに約1枚使うと言われています。
これをお店で買うとなると5枚1000円ほど
枯葉に1000円は割高感があります。
あとブラックウォーターを作る道具として売られている葉には
オークリーフがあります。
日本名・樫。
ブナ科の樹木ですね。
シーアーモンドは日本に簡単にあるものでもないし
代替品もよくわかりません
でもブナ科の植物ならば難しくなく手に入れることが出来ます。
実際、日本のアクアリストがブラックウォーターを作る葉っぱとして
愛用されているのがクヌギの葉っぱなのです。
ならば自分もそうしましょう。
というわけでクヌギを手に入れたいのですけど…
残念ながら北海道にはクヌギがありません。
近年の甲虫ブームでクヌギの葉っぱの詰め合わせを
ペットショップで見かけることは出来ても
(しかもシーアーモンド、オークリーフと比べて格段の安さで)
どうせなら、自分で調達してみたい。
そんなわけで、近所の林からいくつか落ち葉を拾ってきたわけです。
近所ですぐに手に入るのは
カシワ、コナラ、ミズナラ、アカナラ、クリあたり
アカナラや、カシワがあるあたり植樹っぽい雰囲気をかもし出していますが
気にしないことにします。
上記のなかでカシワやアカナラなどは葉っぱも大きく
成分は悪くなくても、レイアウトに使いにくい部分があります。
そこで自分が注目したのはクリです。
長さはあっても葉っぱが細長く使えないことはありません。
雰囲気がクヌギに近いところも好印象なんです。
そんなわけで自分は栗の葉を愛用しているのです。
正直、成分がどんな感じになるのかはわかりません。
ただ数日するとブラックウォーターと呼ばれる色になる感じです。

うちでは水槽と、換水用の2つに投入して実験しています。
これがどれほどの威力があるのかは未知数です。
自分も複合的に試しているので、どれがどのように効果があったのか
わからない部分があります。
この栗の葉ブラックウォーターも
効果的なのかムダなのかわかりかねます。
とにかく自己満足の世界ですので
お試しするときには自己責任でお願いします。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-19 23:03 | 水槽

ブラックウォーターを求めて その1

例外もありますが
ワイルド・ベタは弱酸性軟水を好みます。
うちのアルマルギナータはそれほど極端な酸性は必要ないようです。
でも弱酸性をキープしたほうが体調はいいみたいです。
この弱酸性軟水が自然界であるときには
付加価値が付くことが多いです。
それは枯葉などのタンニン色素を多く含む
ブラックウォーターです。
ブラックウォーターといっても黒いわけではありません
見た目は茶色い水です。
色が付いていても清浄な水であることが多いです。
ベタは基本的にこんな水に棲んでいるのです。
なので出来るだけ元の環境に近づけるのが
彼らを元気良く育てることに繋がります。

水槽内でのブラックウォーターの作り方はいくつかあります。
いちばん簡単なのはピートモスを利用する方法。
園芸用のピートモスを利用する人もいらっしゃいますが
水質改善用として手に入るほうを使ったほうが
なにかと安心出来ます。
大事な生体に使うのですから
そこは慎重にならざるを得ません。
園芸用は農薬なんかも混じっていそうで…
まぁ、偏見なんでしょうけど、
そんな気がするのです。
ただし値段はゼンゼン違います。
水槽用はすごく高いのです…
ただピートモスの問題はどこで使うか? なのです。
外部フィルターを使っていればフィルター内部に入れる手があります。
でも、多くのワイルド・ベタを飼っている人は
スポンジフィルターを使っているはずです。
そうなると、ピートモスを間に使うことが出来ません。
となるとレイアウト内に使うしか…
流木のような形をしたものもあります。
でもこれって崩れないのでしょうか
少し心配なのです。

そんな人に便利なのが
アルダーシードと呼ばれるハンノキの乾燥実です。
これをレイアウト内に転がしておいてもなんの違和感もありません
これをお店で買うと1500円近くしますけど
実は似たような実ならカンタンに手に入ります。
オオヤシャブシやヒメヤシャブシが近縁種です。
この実でなんとか代用出来るのです。
ピートほど急激に黒くならないことも
使いやすいところでしょう。

となると他のもので出来ないか考えてしまうのが
自分のいいところなのか、悪いところなのか。
ハンノキの仲間と言うことはブナの仲間の実でも使えるのではないだろうか
そこで各種ドングリで実験開始です。
現在までの使用感では
どれも黒くなりすぎです。
(実験したのはアカナラ、コナラ)
これくらい黒くなると途中で取り出さないといけません。
それはチョット面倒です。
ということで水槽内ドングリ計画は断念
まぁ、問題は色だけではなくて
成分を確かめずに使っているところなんですけど…
そこらへんは、それほど大差ないのではないかと思っています。
思っているだけで住人に迷惑をかけるのは困りものですね。
そのへんは…

ちなみにブナの近縁種であるクリの実でも実践
これも黒くなりすぎ
しかもトップクラスの強力アイテムです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-16 00:37 | 水槽

えさ探り

現在、自宅で使用中の水槽住人用えさは以下のとおり

 キョーリン
   ひかりクレストプレコ(タブレット)
   ひかりビタミン赤虫(フリーズドライ)
   ひかりビタミン糸ミミズ(フリーズドライ)
   クリーン赤虫(冷凍)
 テトラ
   キリミン(メダカのえさ、フレーク)
   テトラプランクトン(顆粒)
   テトラブラインシュリンプエッグス(孵化させて生きエサ)
 阿蘇熱帯魚
   乾燥みじんこ
 砧動物苑
   ビタシュリンプ
 恵比寿興業
   ザリガニのえさ スター

と、これだけあります


このなかで好評なのは
プレコタブ、冷凍赤虫あたりでしょうか
万能なのは底に沈んでくれる冷凍赤虫
まぁ、冷凍とはいえ本物ですから
人気あってあたりまえでしょうね。
うちの底ものである、
ミナミヌマエビとオトシン・ネグロに欠かせないのは
植物を主な原料に使うプレコ・タブです。
エビさんは与えられれば何でも食べますけど
特に、これには目がないようです。

熱帯魚のえさとしてもっともメジャーだと思われる
テトラミンは同じテトラから発売されている
キリミンよりも食いつきが悪い気がします。
説明書きを見ても違いがよくわからないので
値段が安いキリミンに一本化されています。
まぁ、被験者がグローライトとブラックネオンなので
なんでも食べるんですけど
もちろんうちのアルビマルギナータは興味もないようです

テトラプランクトンは雑食テトラさんもいちおう食べてくれるという感じです
思ったよりも人気がありません
ほとんど残っているのに誰が食べてくれるんだろう?
ちなみに底に落ちたこのえさはエビさんが食べてくれるようです
でも積極的に食べるわけではありません
食べるものがないから仕方ないといった食べ方ですね

乾燥みじんこも食いつきが良くありません
ほとんど沈んでくれないのもうちの住人たちでは食べにくいのかもしれません

ビタシュリンプは
アルビマルギナータたちは食べてくれませんけど
(形から食物と認識してくれていないのだと思います)
ミナミヌマエビ、オトシンネグロともよく食べてくれます。
匂い的には、自分が唯一おいしそうと感じるので
たぶん自分自身もふりかけとして使えば
イケルのではないかと思っています。
…食べませんけどね

FD糸ミミズも最初は食べてくれていたのですけど
賞味期限が切れた頃から雑食テトラでさえ食べてくれなくなりました。
もともとそれほどおいしくないのかもしれません。

FD赤虫はさすがに見た目が赤虫です。
アルビマルギナータも飛びついてくれます。
しかし腹ペコ状態なら食べてくれますけど
少し食べた段階からは一旦口にしても吐き出すようになります。
たとえ見た目は似ていても味は冷凍ものにはるかに及ばないようです。

現在気難しいワイルド・ベタのアルビマルギナータには
FD赤虫を食べてもらうように訓練中です。
味が良いだけでは食べてくれないし
見た目もそれっぽくないと食べてくれない。
しかも、吐き出すし…
人工エサとは言いがたいけど
これだけでも食べてくればくれないものでしょうか?
もう一回断食作戦行きますかぁ…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-14 00:45 | 水槽

ブラインシュリンプ孵化物語

参考:■GOOD AQUA■

上記の■GOOD AQUA■さんに書いてある記事の一つに
ブラインシュリンプをエアレーション無しで孵化させる方法と言うのがあります。
アクアリストなら誰でも一度はブラインシュリンプのお世話になっていると思います。
非常に価値の高いエサであると同時に、
準備するのと、メンテナンスが非常に面倒なエサでもあります。

ブラインシュリンプとはアルテミア・サリーナという
塩水湖に棲む小さな甲殻類、エビの仲間です。
この孵化したての幼生は栄養価が高く、
生まれたては小さいため稚魚が食べることも出来ます。
また乾燥卵で販売されるため、新鮮な生きエサとして使うことが出来るのです。
イイコトばかりのようですが、
毎日、これを孵化させるのは面倒な作業に他なりません。
塩水を28度の温度を保って酸素を与え続ける。
狭いところ(500mlのペットボトルを利用するのがふつう)で
エアレーションをすると中の水がかなり飛び散ります。
毎回、塩水を用意するのも面倒で後片付けも面倒。
サカナも喜ぶ(稚魚あたりだと、これしか食べられない)のがわかいるのですけど、
これらを管理する側としては面倒以外のナニモノでもありません。

それらを少しでも軽減させてくれるのがこの手法です。
プラケースに薄く塩水を張って、そこにブラインシュリンプの乾燥卵を少量投下。
そしてこれを適当な場所に置いておくだけで、
1日後には孵化しています。
これは簡単です。エアレーションもしないので、塩水の飛び散りは極限まで軽減です。
塩水も薄くでいいので、作り置きが可能。
(いつもの濃度よりも蒸発を見越して薄めに作っておくのがコツらしいです)
これで1日放置するだけでいいのですから落チンです。

と書かれていても、ニワカには信じがたいので実験してみました。
今の時期なら部屋にふつうに置くだけで適温の28度を保てそうですが、
今回は実験のために温かいところを確保。
それはモニタの上です。
かなりの発熱量なので問題ないでしょう(逆に熱過ぎる可能性もアリ)。
本来ならモニタの上に水分を置くなんていう危険なことは避けなければいけないのですが、
エアレーション無し、少量ということで実行に踏み切りました。
すると、見事成功です。
どれだけの孵化率なのかはわかりませんけど、
充分過ぎるくらいの孵化です。
これは使えます。
稚魚が生まれても、さほど面倒には感じないかもしれません。

今回のブラインシュリンプはうちのカップルに与えられました。
腹の足しになるほどの量ではありませんが、
それでも、一所懸命食べまくっていました。
ブラインシュリンプを食べることで、
いっしょにテトラプランクトンも食べられるようになってくれればいいんですけど…
ちなみに、昨日までは口に入れたとしても
すぐに吐き出します。
冷凍、もしくは生きエサしか食べてくれないゼイタクな子たちなのです。


> jumping_spiderさん
コメントありがとうございます。
この手法、意外に知られていないですよね。
ペットボトルを利用する方法は有名でも、
こっちの便利な放置方法はナゼか知られていません。
このためにエアポンプを一つ確保するかどうかというのも、
かなり大きな問題だと思うのですけどねぇ。

ただブラインは親魚に与えても腹の足しにはならないでしょうねぇ。
となると稚魚専用と言うことに…
シーモンキーのかわりにブラインを成長させてみるというのもありかもしれません。
とはいえ、それじゃ最初からプラケースでエアレーションしないと…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-10 14:37 | 水槽

ツンデレのデレ状態

d0018372_12224635.jpg




仲良くなっています。
いつのまにか仲良くなっているのです。
こちらとしてはありがたいのですけど
どうにも腑に落ちないのも確かです。
たぶん自分が知らないうちに何かあったのでしょう。

オスがメスをいじめていたのは
「オレの求愛を受けられないんだったら氏ね」
みたいな感じだったのかもしれません。
その執拗なアタックにメスが折れたということでしょうか。
とはいえ、まだ楽観は出来ません。
ときどきイチャ付いているときに
メスが拒否したりすると
すぐにイジメモードに入ります。
精一杯コドモなのです。

写真は婚姻色を露にしたメスです。
ふだんのメスは薄い体色に3本ストライプの地味な感じです。
それがこんな風に一所懸命、自己主張しています。
後ろに影が映っているのが件のコドモっぽいオスです。
で、後ろの2つの土管の中で繁殖行為が行われているようです。
暗い水槽の中でも特に暗いので
このカップルが寄り添って入っていったり、
出て行ったりするところは見かけても
中の実況中継までは出来ません。
この子たちのためを思って作ったレイアウトがアダとなりました。
デバガメ反対。
ちなみに、この色合いはブラックウォーターと
暗い水槽が重なっているので本来の色が出ていません。
多少の補正がかかっていることをご了承ください。
もちろん、ピントが来ていないのも…

このカップルは果たしてちゃんとお勤めが出来ているのでしょうか?
ちょっと不安です。
自分が近付くとオスもえさをねだるので
まだ卵は抱えていないようです。
このベタ・アルビマルギナータという種類は
マウス・ブルーダーというタイプで
一定の時期までオスの口の中で稚魚を育てます。
その期間は約2週間。
なので、オスがえさをねだるということは
まだ好意に至っていない、
もしくは何らかの理由で卵を食べてしまった
ということになります。
この時点では正解がどれなのかわかりません。
ただ可能性として考えておく必要があるわけです。
もしも食卵のクセがあるのなら、
もしくは受精卵ではないとするなら
(未受精卵と判明すると食べてしまいます)
どちらにしても、それ相応の対応を考えなくてはなりません。
まぁ、もしも稚魚が無事に育っても、
それはそれで対応を考えなくてはなりませんが…

さて、このカップル明日はどうなるのか楽しみです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-09 02:15 | 水槽

腹減ってムシャクシャ…

d0018372_1222756.jpg




赤虫ばかりじゃ
経済的にも、体調的にも不安があるので
出来れば人工えさも食べて欲しい。
そんな親心があるわけなのです。
でもおなかすいているはずなのに異物を見るように
スルーしてしまいます。
何度か口にしてくれたことは合ったけど
すぐに吐き出してしまう始末。
やっぱり野生育ちに人工エサを餌付かせるのは難しいのかな?
うまく食べてくれるのもいるんだけど
この子たちには遠い道のりのようです。

しかも腹が減ってくるとイラつくのか
オスがいつも以上にメスをいじめている気がします。
えさを与えられる場所はほぼ決められているので
メスも決死の覚悟でえさ場へ現れているようです。
そこまでしているのに食べられないえさ、
もしくは人工えさを食べてもらうように仕向けるための
断食手法は申し訳なくて…
自分はメスの味方なのです。
出来ればメスにだけでも好物の赤虫を食べさせてあげたい

写真はえさを待つメスをいじめようとするオスというカップルです。
カップルとはいえまだ準備は出来ていないみたい。
オスはヤル気十分みたいですけど…
コワイヨォ~


> jumping_spiderさん
はじめまして。
どうやらこのカップルは契りを結んだようなので
(仲睦まじくなっちゃいました)
卵を抱いたときがチャンスかなと思っています。
そのときに半生プランクトンでも与えて
徐々に慣れてもらおうかと…
ワイルド・ベタはかわいいですよね。
でもブラックウォーターで照明暗めにしてしまうんで
せっかくのきれいな体色がわかりにくいのが難点です。

blogはゆっくりと充実させるのがいいですよ。

> jumping_spiderさん2回目
自分も小さいタンクは苦手ですよ。
だから40cm水槽なのです。
これ以上小さくするとすぐに水質が変わって怖いです。
グローライトテトラやゼブラダニオあたりだと平気なのでしょうけど…

えさはテトラプランクトンも挫折しそうです。
砧動物苑のビタシュリンプなんてえびの香りたっぷりなのにダメなのです。
テトラの半生ですか?
それだと冷凍赤虫のほうがコスト的にも安いかな?
とか思っています。
16回分で500円強ですよね。
冷凍赤虫なら40回分で200円ですから。
ただ冷凍赤虫でも1回の解凍キューブの1/5程度しか食べないことです。
うちはこの子たちしか育てていないので、
そのほとんどを捨てることになります。
それがもったいなくて、もったいなくて
かといって2日連続食べさせるわけにもいきませんしねぇ。
えさは難しいです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-08 00:54 | 水槽

水槽改良計画20050904







メイン生体を投入してようやく見られるレベルの写真が撮れました。
小さくてわかりにくいですがベタ・アルビマルギナータのペアです。
ペアといってもオスが一方的にメスをいじめていますが…
これでも投入した初日はメスのほうが強かったのに、
さすがに男の子、次の日には立場が逆転していました。
さすがに息の根を止めてしまうくらいヤリあうわけではないので、
見守ることにしています。
これで繁殖する日が来るのでしょうか?

写真を見てのとおり水面上にはアメリカン・スプライトという水草が、
かなり繁茂しています。
8/25の水槽と比べると差が歴然です。
(この状態のときからは底砂も抜いています)
このおかげで下に光が届かないくらいです。
まぁ、これを狙っているんですけど。
左の土管のすぐ上あたりにオスがいます。
そこから左方向の流木下にいるメスを狙っているところです。
オス・メスとも感情によって体色が変わってくるので面白いです。
ちなみに最近いじけ気味なメスは薄い体色のままなのです。

恥ずかしい話ですが、右の土管の上にはよく見るとヒドラがいっぱいいます。
最初のうちは退治していたのですけど、もう飽きました。
別段、悪さをするわけでもないので放って置くことにしています。
彼らが生きていけるってことはプランクトンが多くいるのだと
前向きに考えてみます。

さて、これからどうなるのか。
自分もわくわくしています。
とりあえず仲良くしてくれるといいなぁ
ベタだから難しいことはわかっていますが…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-04 18:20 | 水槽

水槽改良計画20050831


こうやって1匹ずつ、発泡スチロール、新聞紙などで厳重に梱包されて運ばれてきます。こちらはメスです。



水合わせ中。送られてきた水にこちらの水槽の水を加えていくことで身体を慣れさせます。こうしないと調子が悪くなってしまうことがあるのです。



水槽の主になるべき生体を購入しました。
近所には気に入ったのが売っていないので通販です。
TEAM BORNEOというところから買いました。
ベタ・アルビマルギナータという種類です。
自分にはこの子たちが満足の行く環境を整えて上げられるか不安ですけど、
なんとかしてあげたいのです。

水槽内の写真はまた後日。
というか、うちの水槽は隠れ場所が多いため、
めったやたらに姿が見られるわけではありません。
なかなか難しいのです。

いまのところはゆったりと泳いでいるみたいですよ。
少々問題もあるみたいですけど…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-31 21:10 | 水槽

水槽改良計画20050825







まだ主なき水槽です。
当blog、水槽改良計画20050813
の続編です。
いちおう生き物はいますけど、
メインとなるものがいません。
中味の状態が安定するまでこのままにするつもりです。
水の状態だけではなく、
中の植物が充分育つまで待つつもりなのです。
ここでの生体はオトシンネグロとミナミヌマエビ。
どちらも地味な生き物です。
この小さな水槽の中で繁殖をする
ミナミヌマエビさんには申し訳ないのですが、
たぶん、ここに本命の生き物を入れてしまうと、
簡単に食べられてしまうと思うのです。
(ここのメインになるはずの生体はもう少し待ってください)
水面上に繁茂しているのはアメリカンスプライト。
シダ系の植物です。
これの水中根が充分育ってきたらメインを導入しようかと思うのです。
水質はまだ中性付近です。
ここらへんも途上ですね。
これらが満足する値になるのはいつの日か?
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-25 22:56 | 水槽

水槽改良計画20050813

小さい水槽は水質保持が難しいです。
水質が悪くなりがちな産卵箱に入れてしまうと、
余計に悪くなりがちなのかもしれません。
産卵箱に入れて狙っていたオトシン・ネグロの一匹が、
ポップアイになってしまいました。
目が飛び出てくる病気です。
珍しい病気なんですけど…
こんなのを発症させてしまうと言うことは、
やっぱり水質に問題があるんでしょうねぇ。
なので、いま使っている水槽をあきらめて、
もう少し大きなものにしてみました。
本来は60cm水槽にするべきなんでしょうけど
(値段的にも割安だし…)
残念ながら置く場所に問題があります。
広さ的にも重量的にも問題ありすぎなのです。
なので40cm水槽です。
これでも従来の水槽の2倍近くの水量になるのです。

さて、さきほど、ようやっとお引越し完了です。
でも、水槽の半分ほどしか水が満たされていません。
あしたも続きを行うのです。
ふぅぅぅぅ
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-13 23:04 | 水槽