カテゴリ:水槽( 40 )

子育て20051218

1番子の体長は2.5cmほどになりました。
えさは赤虫をメインにブラインも少し与えて
赤虫が行き渡らなかった子への配慮もしております。
1番子の中でいちばん小さかったメスは
隣の2番子水槽へ。
体長は一回りほど大きいはずなのに
2番子のオスに追い立てられてしまっています。
弱すぎ…

1番子のオスには
背びれにも黒バンド、白バンドが見えてきました。
そしてエラぶたの黒模様も出てきているようです。
あとは尾ひれに黒バンド、白バンドが出てくると
立派なアルビマルギナータのオスですね。
そろそろ2ヶ月になるんです。
早かったのか、遅かったのか。

ちなみに、この子たちは親のグルメぶりと違い
乾燥赤虫も選り好みせず食べます。
やっぱり競争が激しいから
そんな好き嫌いしていられないんでしょうね。
しつけ無しでも済みそうなのでありがたいです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-12-18 18:08 | 水槽

3つめのダブルブリラント

18匹の1番子はすでに2cmを超える体格が大半
体の大型化に伴いえさの量も多くなってきます。
そして排泄物の量も
さすがに6匹いるエビの出す排泄物よりも多くないですが
それでも1ヶ月前からすると段違いです。
これを考慮してフィルターを大型化したのだけど
さて?

2番子の水槽にフィルターを取り付けました。
ついにと言う言葉がふさわしいかな
フィルターはやはり変形ダブルブリラントです。
同じ水量が入る1番子水槽でさえフィルター能力が心許なく感じ始めているのに
もっと生体数が多い2番子水槽をレベルダウンさせるわけには行きません。
ちなみに親がいる40cm水槽は正当ダブルブリラント。
水量はともかく生体の数から言うと、
いちばんゼイタクで余裕のあるのが親水槽なのです。
話を2番子水槽に戻すと
やはりフィルターをつけると透明度が高くなります。
少々濁った感じのしていた水もかなり透明度が増しています。
これは物理ろ過といても効いていると言うことなのかな?
スポンジフィルターは物理ろ過の能力に関して壊滅的だと思っていたので
ちょっと認識を改めなければいけないかもしれないですね。
とはいえ、物理ろ過のメインは水換えと
ネットでゴミ取りであることに変わりはないのですが
いまの時点でフィルター自体にバクテリアが住んでいるとは思えないけど
水のなかにはけっこうバクテリアがいるはずなので
さほどかからずに立派な生体ろ過機として働いてくれることでしょう。

それにしても1番子と2番子との体格差は気になります。
1番子は既に冷凍赤虫を刻んだものを食べています。
ブラインシュリンプとの併用ですね。
対して2番子はブラインを満足いくまで食べられているのかどうか。
生体の数が成長に大きく影響しているのは確かです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-12-10 13:43 | 水槽

子育て20051204

最初に生まれたなかで一匹だけ小さなやつがいます
オスの大きいのは2cmを超え
尻びれ、腹びれと白バンド黒バンドが見られ
そして背びれと尾ひれにも徴候が見え出してきました。
そんななかようやく1.5cmくらいのやつが
アメリカンスプライトの森のなかに隠れています
食事の時間のデッドヒートにもおおっぴらに参加出来ず
ますます格差が広がっているように見えます
さすがに隣の水槽の2週間遅れ弟妹よりは大きいですけど
それでもこの弱気な性格で虐げられそうな気もします

さて2番子たちですが
さすがに保温のことも考えると
いままでの2リットル瓶に詰め込んでいるわけにも行かなくなりました
朝には自分の部屋も24度まで下がります
このぶんだと危ないのでヒーターを導入しましょう
エヴァリスの小型ヒーターを買ってきてもいいんですが
どうでだから水槽も大きなものに移動します
フィルターをどうするかはいまだ迷っているので
ろ過無しは続行
水槽はベランダから回収してきたSサイズ水槽です
つまり稚魚水槽は両方とも同じサイズになったわけです
まぁ、この大きさでも28匹には多いんですが…
あ、2番子たちは2匹死んでしまったのを確認済み
水槽を移動させる前には28匹いました。
多いです。
なので、エサの割り当ても当然少ないです
1番子の成長よりも悪い気がするのはしょうがないことなのでしょう
大きな水槽に移動させたことにより
当然のことながら水槽の半分も満たしていません
一気に新しい水を増やすのではなく
上のメイン水槽からももらい
換水用の自らも継ぎ足し
こうして少しずつ増やそうとしています
現在水槽の2/3まで埋まりました
もう少しですね
次には換水もしなければならないのですぐに満たされることはなさそう
まぁ、それでも2リットル瓶よりは安定しているのは間違いありません
水温の問題もクリア出来そうだし
もう少しがんばってもらいましょうか
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-12-04 17:57 | 水槽

アルビの性差

さすがに口から出てきて約1ヶ月。
良く見ると性差が出てきました。
オスの体色が若干黒ずんできて
(メスの婚姻色みたいな横縞あり)、
シリビレの縁に白バンドが出てきました。
正面から見ても幅が違うようですね。
こうなってくるとテリトリー争いの優劣も
わかりやすくなってきます。
やっぱり食欲の旺盛なオスが強く、
おとなしいメスが追い払われるということですね。
エサを食べているときにも、
ふと近くに縄張りを荒らす奴に気付くらしく
エサよりも追い払うことを優先してしまうこともあります。
ベタ・スプレンデンスなどと違って殺しあうまではないですけど
これからはエサの割当たる確率も
弱い個体ほど低くなるのでしょうね。
そして、どんどん体格に差が…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-11-21 19:23 | 水槽

ろ過は偉大なり

d0018372_1850519.jpg


ろ過の重要性を知りました。
昨日作った稚魚用の水槽2号。
これはいまのところろ過装置を取り付けていません。
この水槽が濁っているのです。
たぶん、一緒に入れたカシワの葉っぱのアクだと思いますが
それにしても…ここまで見た目が違うとは。

右が稚魚水槽1号
Sサイズ水槽に変形ダブルビリースポンジを装着したものです。
ここには2週間以上放置したアメスプとミナミヌマエビ4匹
そして生後2週間の稚魚18匹が住んでいます。
それに栗の葉1枚、コナラ1枚、笹の葉2枚、アルダーシード1個になります。
アメスプが繁りすぎているので光が届かなくなっています。
それでかなり印象が違うと思いますが、
薄いブラックウォーターが透明なんです。
対して左側の2リットル瓶。
アメスプがゼンゼン繁っていないのでかなり明るいです。
でも。それよりも透明度がかなり低いのがわかるでしょうか
う~ん、この写真だとわかりにくいですね。
でもうちの母親にもわかるくらい濁った水なのです。
これはやっぱり無ろ過なのが影響しているんでしょうね。
もともと毎日換水する予定だったのですが、
これだと、早めに諦めなければならないのかもしれません。
毎日換水が追いつかないかもしれないからです。
ましてや、こちらの都合で換水出来ないこともあるかもしれません。
どうなんでしょう?
予断を許さない状況なのです。

ちなみに右の水槽を良く見ると
稚魚が一匹写っています。
水温計の左隣ですね。
この小さな写真だとわかりにくいですね。
左の水槽にも、もやの向こうに一応写ってはいるんですが
これはオリジナル写真でも判別不可能なんです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-11-19 18:53 | 水槽

家族倍増

結局30匹出てきました。
前回の2倍近い数です。
隔離BOXのなかで、既に死んでいるのがいたから
たぶん2倍でいいのだと思います。

狭い隔離BOXのなかにお父様と
チビが同居しているのもカワイソウなので
移動させることにしました。
とりあえずお父様を広いところに移動させます。
……すると
さっそく繁殖行動に入ろうとします。
あの熱烈な逢瀬です。
たしか、お父様は2週間絶食していたはずでは…
ナンデ、コンナニゲンキナノ?
しょうがないので慌ててまた隔離します。
今回はメスを隔離します。
そして隔離BOXの中にいたチビたちを他の水槽に移動させることにします。
移動する水槽は2リットルのダイソーで買ってきたネコ瓶。
これを取りあえずの住処とします。
もう少し育ってきたらお兄さんお姉さんたちと同居させるか
もしくは別の水槽を用意するか考えたいと思います。
いまはまだ考え付きません
だってそのためにはヒーターも買わないといけないし…
どちらにしてもテトラのミニフィルターキットは
また一つ手に入れてあります。
これを使うかどうかは決めていないわけです。
移動先のネコ瓶には前の水槽の水をそのまま持ってきました。
カシワの枯葉一枚とアメリカンスプライトもいくつか持ってきました。
これだと水質には変化がないはずだし、
バクテリアはこの水の中に生存しているはず。
カシワとアメスプもある程度の水質悪化を防いでくれるでしょう。
あとは、自分がどのくらい水質管理が出来るかにかかっていますね。
チョット難しそうですけどがんばってみます。

で、隔離BOXのなかに移動させられたお母様。
しきりに出して欲しいと訴えてきます。
壁越しにお父様との逢瀬も行っております。
なんか恋仲を引き裂く悪役になった気分です。
でも、そんな切ないシーンを見せつけられても
すぐに一緒にはしてあげられません。
少なくとも1週間くらいはガマンしてくださいませ。
うぅっ、切ない……
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-11-18 21:05 | 水槽

ブラックウォーターを求めて その5

水槽の中に投入する葉っぱ
どうやらいままでの実験で傾向がわかってきました。

まずは栗の葉を入れると
白いモヤモヤが出てきます。
(笹の葉でも出ます)
これはアクが出きっていない流木にも同じようなものを出ることがあるので
たぶん、これもアクの一種なのでしょう。
(正確なところはわかりません)
こなれた弱酸性の水を作ろうとするならば
それほど有害だとは思いませんが、
まぁ、過ぎたるは及ばざるが如し。
これに関しては、出来るだけ取り除くようにしています。
1、2回取り除くと、もうこのモヤモヤは出てこないようです。

落ち葉は
うちのミナミヌマエビのいいえさになります。
いつのまにか葉脈だけになっているものもあります。
乾燥が足りないもの
乾燥しても柔らかいものはテキメンに食べられます。
でも紅葉して落ちた葉っぱは比較的硬くなることが多いので
食害されにくいようです。
元が硬い感じの葉っぱなら
その傾向は強いみたいです。
たぶん後回しにされているだけだと思いますが。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-11-17 20:34 | 水槽

第2弾 子出しさん

2週間きっかし
もう正確に吐き出してくれます。
まだ第一弾だし
狭い隔離BOXのなかにアメスプや枯葉をたくさん入れているので
どれくらい吐き出されたのかわかりません。
前回が18匹だったから
今回はもっと多いんでしょうね。
新しい命が無事に出てきてくれるのはうれしいけれど
これからのことは未定です
…どうやって育てましょうか
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-11-17 19:55 | 水槽

18匹+アルファ

だんだん大きくなっています。
お父様の口から出てきたときには7mm前後くらいしかなかったのに
いまでは15mmくらいになっています。
2週間ほどで2倍くらいになっている計算になります。
それもそうですね。
1日に100匹くらいのブラインを貪っていますから
チョット食べすぎかな?
って思っちゃうくらいです。

この子たちも大きくなるとともに大胆になってきて
けっこう姿を見せてくれるようになってきました。
というわけで今回数えてみると18匹います。
当初は14匹くらいと思っていたので
ちょっとビックリです。
そしていままで一匹も脱落した形跡がないのにもビックリです。
よっぽど頑強なんでしょうか?
アルビマルギナータは一度に生まれてくる稚魚は少ないので
繁殖はそれほど簡単ではないと思っていたのに…
うれしい誤算ですね。
とはいえ、気が付くと小競り合いをしているので
こんなに多くいても、ウチですべての子供が残れないのは確定なのです。

そういえばまたもや咥えたお父様。
お口が盛大に膨らんでいます。
X-DAYももう少しですね。
こんどはどれくらい生まれてくるんでしょう?
そして、生まれてきた稚魚はどうしましょう?
そうそう、今回は隔離BOXに入れました。
で、油断していたらジャンプして隔離BOXから逃げ出してしまいました。
10cmくらいジャンプしたのかな?
正直こんなにジャンプするとは思っていなかったからビックリです。
アルビマルギナータはそれほどジャンプする種ではないと聞いていたので…
まぁ、すぐに連行したので大事には至りませんでしたけど
やっぱり気をつけないとダメですね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-11-16 22:00 | 水槽

バトルロワイアルの予感

生まれ出てから10日ほどになりました。
かなり大きくなっています。
生まれたばっかりには5mm強くらいだったのに
いまでは1cmを超えています。
相変わらず食欲も旺盛なので
ガンガン大きくなることでしょう。

しかし、問題も表出。
ベタの仲間らしく小競り合いが増えています。
さすがに殺しあうまではやり合わないですけど
水槽内のいたるところでテリトリーの主張が見られます。
最初から大きいところにしすぎたのかな?
稚魚のうちはそれほど争わないと聞いていたのに…
まぁ、遅かれ早かれ選別しなければならないので
その時期が早くなるか遅くなるかの違いでしょう。
この小競り合いはヤンチャと受け止めておきます。
それにしても、どれくらいしたら雌雄を見分けられるんだろう?
最低でもそこまで育たないと選別なんか出来ません。
この段階で不具合稚魚を選別するんだけど
いまのところはそんなのもいないようだし
現在、稚魚水槽内には14匹いることが確認されています。
こっちの選別の前にバトル・ロワイヤルが起こるのかな?
う~ん。

それにまた咥えてしまったお父様も順調な様子。
こちらは、まだどうするのか決めかねています。
いっそのこと、抱卵ミスが起こってしまえば
こんなに悩まなくても済んだのですが…
ってそれは禁句ですね。
なんとかいい方向を見つけてみたいです。
この第2弾が生まれるのは最速でも来週。
下のバトルロワイヤル開始直前水槽だと
2倍以上の体格の兄弟には敵う筈も無いだろうなぁ
う~ん
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-11-08 23:15 | 水槽