カテゴリ:趣味・嗜好( 15 )

からでじ

一つ前に書いたものと関連しているのですが、
自分は最近コンパクトデジカメをいつも持ち歩きます。
もちろん、この日も持ち歩いていました。
しかし…
前日にUSJへ行き、寒く薄暗い中で撮影をしたのから電池が消耗していました。
そうホテルに帰ったら充電していたのです。
次の日デジカメ本体だけを持って
コンセントに繋がったまんまの充電池は置いてきてしまったのです。
自分のデジカメは単3電池などで代用出来たりしません。
もちろん電池がなければデジカメなぞピクリとも動きません。
せっかくの奈良をまったく撮影出来なかったのです。
仏像などは撮影禁止なのですから
まぁ、それほど写せたとは思えませんが、
それでも気分の問題です。
情けない…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-12-08 21:51 | 趣味・嗜好

南都・奈良巡礼

関西へ行ってきました。
2泊3日の小さな旅です。

2日目のメインは奈良でした。
奈良の東大寺を見たいとリクエストがあったので
時折冷たい雨が降る中東大寺を巡ることにしました。
順路としては南大門、大仏殿。
定番ですね。
ここまでは修学旅行で見たそうです。
平日の自由旅行、ここはもっとじっくり見てみましょう。
そこから大仏殿の裏手にある正倉院。
ここは有名な建築物ですが、平日にしか公開していないため
なじみがありません。
まぁ、校倉作りという有名工法とはいえ外観を見られるだけです。
なのでコースに入れられにくいのでしょうか。
そこから、反時計回りに巡って戒壇院へ。
ここには四天王塑像としての最高傑作があります。
特に厳しい顔した広目天と多聞天が有名なのです。
自分も大仏は見たことがありましたが実物ははじめて見ました。
若干小さく見えます。
とはいえ、迫力は十分伝わってきます。
年に数回しか掃除しないのでしょう。
細かく見るとクモの巣が張っています。
そうそう、写真では見たことがない部分(後姿であるとか、足元とか)も
見られたのはすごくうれしかったのです。
それにしても、こんな有名仏像を見学しないのはナゼなんでしょう?
効率が悪いからでしょうか
京都の六波羅蜜寺にも空也上人、平清盛と言った有名像があるのに
ここも静かな佇まいだったのを思い出しました。

そこから大仏殿の前を通り過ぎて二月堂、三月堂へ。
二月堂では奈良の町を一望。
三月堂では脱活乾漆の代表的な仏像・不空羂索観音と日光月光、
それに長い間秘仏だったため彩色がまだ鮮やかな執金剛神像の塑像が有名。
ただここはあまりにも狭苦しく置かれているため
じっくり見るには不向き。
それに後ろ側から見ることも出来ませんし。
自分のお気に入りは柔らかな表情をした月光菩薩ですね。

そして、春日大社を経由して新薬師寺へ。
春日大社は建築物として有名ですが今回は巡っただけ
宝物殿は見てきませんでした。
新薬師寺には十二神将像があります。
これも切手に使われるくらい有名ですが、お寺の知名度はイマイチ
ただ、やはり有名なバサラ大将は迫力あります。
やや小柄でクモの巣も張っているのはご愛嬌。

で、ここのすぐ近くにあるのは奈良市写真美術館。
ここが最終目的地でした。
実は当初ここに来る予定はありませんでした。
でも、大仏殿で見たこの美術館の告知ポスターを見て
ゼヒ見てみたい、と思い立ったわけです。
もともと、この美術館は入江泰吉さんの作品を数多く所蔵し見せています。
しかし、この時期の特別展示は土門拳さんとのダブルネーム。
仏像写真の写真の双璧
二人の作品が同時に見られるとなればはずさずにはいられません。

上記で巡ってきた場所、仏像も2人は数多くの作品を残しています。
それと実物を見比べてみたかったのです。
よく見ると写真の仏像もクモの巣が張ってあったりしました。
何度も穴が開くほど見てきた写真なはずなのに、
また新しい発見があったりしてすごく感動しました。
入江さんと土門さんの作風の違いについては
ここでは書きません。
ただ1つ言えることは御二方とも偉大な写真家で
自分は大きく影響を受けた方々です。
その2人を比べるなんて恐れ多くて…

この日の展覧会を見た後
目録と写真集などを5冊、1万円も使ってしまいました。
でもすごく充実感があったりして
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-12-08 20:55 | 趣味・嗜好

憧れの世界

いまでは食玩フィギュアメーカーとして有名になってしまった海洋堂さん。
もともとはVOLKSと並ぶマニアックなリアルフィギュアとして有名でした。
濃い店でしか見ることの出来ない
知る人ぞ知る、な存在だったわけです。
自分は昔の特撮怪獣のファンで
ガラスケースの中にいる素敵な姿をタメイキつきながら眺めていたものです。
このマニアックな世界も、食玩のおかげでイメージがガラリと変わってしまいましたね。
この隆盛の理由にはいくつかあると思いますけど
ほぼ完品で手に入るのも人気になった理由の一つだと思います。
これらのフィギュアはもともとキットで発売されて
組み立て、彩色は購入した人に委ねられていました。
これが、自分のようなおおざっぱな人間には手を出せなかった理由でありますし
マニアの世界だけにとどまっていた理由の大きなものでしょう。
マニアの人をメインターゲットにするから
ヲタ色の強いものしかモデル化されなかった。
これがまた狭い世界にとどまってしまったのです。
(この写真のベルダンディーは…
~ちなみに作るのもそうですけど、フィギュアを撮影するのにも技術を要します~
「様」を漢字で書いてしまうところをはじめ作品名がナントモなのです。
自分もアニメはまったく見ていませんが
これくらいの有名作品なら知っています。
まぁ、自分はコミックで知っていたのですけど)
こういうのの原型を作る人もすごいですけど、
これを上手に組み立てる人もまたすごいんです。
それに自分なりに作り変えちゃったりしますし…
そういう面倒な作業がないのは、自分のようなヘタレ
そして一般の人向きな広いテーマを持ってこれたのでしょうね。
お菓子メーカーとのコラボレーション。
素晴らしい活性化でした。


館長コレクションも楽しめる海洋堂ミュージアム | Excite エキサイト
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-22 12:34 | 趣味・嗜好

ドール研究

この現代風キモノを着た人形いいですねぇ。
バービーやリカちゃんみたいに、
日本人離れした風貌とは違って、
いかにもいまの若い女の子に居そうな雰囲気がいいです。
適度に憧れられて、適度に親近感がある。
これは人気が出て当然でしょうね。

自分はもともと人形が好きです。
最初に人形が美しいなぁ、と認識したのは
川本喜八郎さんのですね。
さすがに、これを自宅に持ち込むわけには行かないし…
といっても
オリエント工業さん  http://www.orient-doll.com/
LEVEL-D  http://www.level-d.net/index.html
4woods  http://aidoll.4woods.jp/index.html
みたいなのを部屋に置いていたりしませんよ?
さすがに川本さんの人形以上に置き場所に困ります。
そういえば川本さんの新作が発表されましたね。
「死者の書」ですか。
見たいなぁ…


おシャレ女子に秘かな人気の『杏ドール』ってなんだ? | Excite エキサイト
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-07 12:43 | 趣味・嗜好

記念メダル

ガチャポン誕生の背景にコンドームあり? | Excite エキサイト

自動販売機といえば、
記念メダルの自動販売機を見つけるとうれしくなりませんか?
いまではほとんど見かけなくなりました。
さすがに割高に感じるので買うことはなくなりましたが、
それでもこの自動販売機を見かけると
思わず記念写真を撮ってしまいます。
まぁ、それくらいで済ましておくのがいいのですよ。
絶滅前に記録に残しておくと言うことで。
つまり自分はメダルよりも、
これを販売する自販機のほうが好きなんでしょうね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-12 19:22 | 趣味・嗜好

萌えのなんたるかを知らずに萌えを語るなかれ

巨大なお米の倉庫に萌えキャラ? | Excite エキサイト

そのまんまです。
こんなゴミ・イラストを見て萌えキャラだとかぬかす記事が情けない。
ま、そんな記事に釣られている自分も情けないですが。

萌えを発生させるには背景に必ず何かあります。
もちろん、この背景とは絵としての背景ではないですよ。
たとえば、このイラストの姉ちゃんがツンデレでそのギャップに対して発生するとか。
もしくは、ドジっ子でいつも転んでばかりいるとか。
そういうのに発生してくるのですよ。
単純なイラストでもその背景を連想させるものでなくてはなりません。
確かに、モンペ、カスリの小道具も見せ方次第では萌えを発生させることが出来るでしょう。
でも、こんなものじゃ「だまされた」という感情しか湧きません。
少なくとも自分はだまされたと思っています。
(このイラストに声がついていてキンタ・シショー声で
「ぺっぺっぺーだ」とか言っていると即・萌えでしょうけどね)

もう少し考えて書いてください。
秋田米??
そんな情報はよく読んでいません。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-20 13:02 | 趣味・嗜好

レイヤー御用達

フランスに登場! マンガ頭整髪剤「マンガ・ルック」 | Excite エキサイト

自分はコスプレの世界に詳しくないので、
深いことは言えませんけど、
これっていままでの整髪剤じゃ代用できないんですか?
ワックスで形を作ってスプレイで固めるんですよね。
それじゃあダメなのでしょうか?

まぁ、そんなことはいいや。
それにしても東京ツアープレゼントは、
イマイチ親切味に欠けますよね。
どうせなら、コミケみたいなイベントをオプションとして付けてあげればいいのに。
普段のアキバなんか見てもつまらないでしょうに。
それにふつうのマンガで目覚めたような人には、
アキバはお門違いのような気がします。
まだ中野ブロードウェイのほうがいいのではないでしょうか
レイヤー店員もいますし…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-11 12:23 | 趣味・嗜好

耐寒が重要

携帯電話、「使い切ってから充電」は本当? | Excite エキサイト

充電の方法については記事にあるとおり、
電池の種類によってマチマチです。
現在、携帯やデジカメで多く使われるリチウムイオン電池は、
継ぎ足し充電が基本ですね。

自分が電池、野外で使う充電池に求めるものは耐寒性です。
まぁ、ふつうの生活していて、こんなのはまるで意味をなさないでしょうが、
デジカメなんかで撮影していて、
寒さのために動かなくなるなんてことが何度あったことか…
北海道に限ったことではありません。
気温がマイナスに近づくと、途端に動きが鈍くなって…

デジカメにはアルカリ電池が使えるものがあります。
コンビニなどでも手軽に手に入るアルカリ電池ですが、
アルカリ電池は寒い季節における撮影旅行には使いにくいことを覚えていてくださいませ。
あとアルカリ電池の大きな欠点の一つに放電特性がありますね。
使っていないで放っておくとカラカラになってしまうこと。
予備電池として買い置きしていても、使うときにはオケラ街道ってよくありますから。
電池って、けっこう奥深いですよね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-10 02:06 | 趣味・嗜好

ヲタ違い

Excite エキサイト : <オタク検定>日本初、8月に第1回試験開催 : 社会ニュース

参考 ビブロス

自分もヲタの1人として挑戦せねば、
とか思ったけど、このジャンルじゃまったく歯が立たないです。
自分はコミケになんか参加したことないです。
コンシューマーゲームだってゼンゼン手を出していません。
…挫折感を味わいました。
最初からヲタ失格を通告されたような気分です。

でも、この主催がビブロスって…
ヤオイの青磁ビブロスか…
どっちにしても、自分には無理な世界なようです。
ジャンルが変わったときに出直してきますわ。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-07 02:22 | 趣味・嗜好

ハムハムハム

Excite エキサイト : 元祖オタク――アマチュア無線家の世界 : コンピュータニュース

そういえば昔やっている人いましたねぇ。
でも最近音沙汰ないかもしれません。
日本では下火なのでしょうか?
そういえば、この手を中心に扱っていた雑誌も、
いまでは違うものがメインになっているようです。
どうなんでしょう?
絶滅したとは思いませんけど一時期よりも減ったんでしょうねぇ
昔はよく見かけたデッカイアンテナも見かけなくなりましたし、
日本向きではないのかもしれませんね。
アチラさんとは事情が違うと言うことでしょうか。


> kiyoaki.nemotoさん
コメントありがとうございます。
有事に活躍出来るだけの利用者が残っているのか心配なところではあります。
アマチュア無線も携帯電話なみに手軽なものになればよかったのですけどね。
もういまからじゃ無理でしょうね。

> 78さん
コメントありがとうございます。
たぶん、こちらが想定している雑誌と
78さんが考えている雑誌は違うものなのだと思います。
それに廃刊になったとは書いていませんし。
ともかく、こちらもわざと雑誌名を明記せず混乱させたことは確かですね。
ご迷惑をかけました。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-01 22:40 | 趣味・嗜好