カテゴリ:伝承・都市伝説・噂・地元( 10 )

野生の狐

北海道の高速道路なんて
かなり辺鄙なところを走っているから
キタキツネが飛び出してきても不思議ありません。
まぁ、赤いキツネは出てこないと思いますけど。

いちおう自分は、北海道の中でも都会と言われるところに住んでいますが
それでも東京などに比べると残っている自然はまるで違います。
ちょっと散歩に出ると、
「キツネにえさを与えないで」の看板があったりします。
どう考えたってキツネが出てくるような環境ではないところに
忽然と出くわしたりします。
たぶん、ほんのチョット前にはキツネが住んでいそうな場所があったのでしょう。
うちのまわりも急激に開発が進んでいると言うことなのかもしれません。
いや、実はまだ本当にキタキツネが住んでいるとか?
それはそれで面白いですね。


「赤いきつねと緑のたぬき」の飛出し注意看板の謎 | Excite エキサイト
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-20 19:44 | 伝承・都市伝説・噂・地元

実測ナビ

実測ってけっこうありますよね。
有名なところではカーナビのパイオニア・カロッツェリアは、
自転車部隊が実際に走って修正を加えているらしいです。
だから、ときどき変な道が合ったりするんでしょうね。
都市部では充実しているけど、
地方の道がザルなのはそのためとか。
いや、別に貶しているわけじゃないですよ。
スゴイなぁと思っているだけです。

で、この乗り継ぎ時間の実測。
年齢や、歩き方のクセだけじゃなくて、
その経路が慣れているか、いないかでも
かなり変わってきますよね。


駅探の乗り継ぎ時間、目安は30代男性 | Excite エキサイト
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-04 12:31 | 伝承・都市伝説・噂・地元

母校難民

対岸の火事でもなんでもなく
ホントにありえそうなんですよ。
自分の故郷はまるっきり過疎の町だから…
いきなり廃校じゃなくて
まずは合併から行われています。
離れているから母校の情報なんて逐一入ってくるわけでもないです。
だから、気が付いたときには母校は避難所と化していた。
ゼンゼン、不思議じゃないです。
少子化だけではなく、大幅に人口減っているからなぁ。
簡単に解決出来るものでもないでしょうね。


都内の小学校がどんどん消えていく?! | Excite エキサイト
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-03 13:02 | 伝承・都市伝説・噂・地元

消費期限切れ消火器

いいネタだなぁ。
こういうのはいつも読むだけでコメントしないのですけど、
今回は記録の意味で残しておきます。

消火器の出番はやっぱり、水では消せない油なんかの火災、
分類で言うとBですね。
それと、水をかけると漏電の危険があるCでしょうか。
この2つのために常備したいものですよね。

ところで古い消火器はどの程度使えるのでしょう。
ピンが錆びてしまって液を出すまでに至らないのは論外として、
液が生きている場合は、まだ使えるのでしょうか?
はっきり言って、消火器の使い方だって、
一度の説明を聞いたくらいなので怪しいものです。
いっそのこと古い消火器を持ち寄って、
消化訓練実習とかしてくれないかなぁ。
そうすれば消費期限切れを過ぎていても、
使えるのか使えないのか判断出来るし。
有事のときの心構えにもなります。
あぁ、でも、それが使えるようだったらもったいないなぁ
いや、そのまえに使えなかったら訓練にならないし…

消火器の使い方って空気を遮断するように使う、
でアッテイマスカ?


消火器のABCってなんだ!? | Excite エキサイト
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-28 02:19 | 伝承・都市伝説・噂・地元

北海道民の傾向

<雑記帳>札幌市で「阿波踊り大会」 : 毎日新聞

札幌の名物のひとつになってしまったYOSAKOIソーランにあやかる部分もあるのでしょう。
こんどは阿波踊りだそうです。
独自のフィーチャーがあった前者とは違って、こちらは直球勝負。
いくら入植125周年記念と銘打ったとはいえ、
これが寝付くかどうかはふつうに考えれば疑問符なんですけど…

YOSAKOIの元になったのが高知で、
こんどは徳島ですか。
北海道の歴史はおおよそ150年くらいしかありません。
この新世界に、全国各地からやってきた開拓民が、
力を合わせて町を作り上げてきました。
なので特有の文化というものが浅く、
他からの文化が注入されるのに違和感を感じない気性があるのかもしれません。
かくいう自分や両親は北海道で生まれ育っていますが、
父方の祖父は石川からの入植で、
母方の祖父は香川からの入植。
3、4代も遡れば北海道以外にたどり着くのです。
北海道と言う土地に愛着はあるけれども、
文化自体には絶対視するものを感じないのはこういう事情によるのかもしれません。
阿波踊りも独自のフィーチャーが盛り込まれてくると、
オオバケする可能性もなきにしもあらずなのです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-24 20:38 | 伝承・都市伝説・噂・地元

ミョーなもの

外国人観光客が買うお土産の現在 | Excite エキサイト

外国人観光客というと日本人から見て「妙なもの」を買う
と言う印象があります。
でも、実際にはふつうに電化製品とかを買っている率のほうが高いんでしょうけどね。
このへんは税関のほうが詳しいデータを持っているんでしょう。

自分が見かけた外国人の方のミューな買い物といえば、
チャッカマンの大量買付けですね。
キャンプとかの火付けに使うアレです。
アレを大量に買っていました。
仲間と何人かで見ていて、
試供品を楽しそうにチャカチャカしながら買っていました。
何に使うんだろう。
まぁ、何かの火付けに使うのは容易に思いつきますけど…
そもそも、そんな大量に…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-15 09:48 | 伝承・都市伝説・噂・地元

怖いって…

なまはげに生で会ってきました | Excite エキサイト

これは、いい情報だなぁ。
昔から昔ながらの行事を実際に体験したいというのはあります。
でも、それが開催される時期がネックなのです。
年末年始とかのテレビで、なまはげのニュースを見ることが出来ますけど、
そんな時期には、他に優先しなければならないことがあって、
いまのところ無理です。
ですけど、こんな施設があるなら行ってみたい。
日本でトップクラスの有名なイベントに擬似参加出来るなんて最高です。

実際に見たら怖いだろうなぁ。
しかも、大声出して近づいて来るんだから怖くてアタリマエです。
自分は子供の頃、獅子舞でさえ怖くて近づけなかったのですから、
ましてや「なまはげ」相手に…
いまでも、怖いと感じると思います。
驚いたの感覚ではなくて、怖いだと思います。
でも、その怖さを体験したいんですよね。
怖がらそうと演出を凝らすホラーとは別系統の怖さです。
自分は両方とも好きです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-06 12:07 | 伝承・都市伝説・噂・地元

実録・大人の入浴

アメリカではキッチンで赤ちゃんをジャブジャブ!? | Excite エキサイト

知り合いの実話です。
4畳半、トイレ・台所共同に住んでいたとき、
事情により銭湯へ行けなかったときには、
裸になって狭い台所のシンクに入って洗身したそうです。
いい大人が全裸で縮こまっているのです。
怖いです。
ホラーものなみに怖いです。
その光景を目撃してしまった友人の一言。
「異様だった」
このときその友人は、その知り合いを訪ねたにも関わらず、
挨拶もしないで帰ってしまったそうです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-22 12:57 | 伝承・都市伝説・噂・地元

水兵

Excite エキサイト : <元素周期表>初版10万枚底つき、10万枚増刷 文科省 : 社会ニュース

これって暗記するものじゃないんですか?
いまや忘れ去られたものなのですか?
まぁ自分は時代遅れ人間なので気にしないことにしますわ。

こういうのを覚えるのに、
わけのわからない語呂合わせ使ったこともありましたね。
この元素周期表も口伝なので、
いろいろと流派がありました。
なにしろ参考書に載っていることは少なかったですから、
公式見解というものがなかったんですよね。
あの小さな友人間でも違ったのですから、
だいいちあれはポイントだけ覚えればよかったので、
無駄に全部を覚える必要は…
で、その無駄なことを楽しくやっているサイトを見つけました。
周期表の覚え方
こういうネタ好きです。


> AppleTeaKoboさん
はじめまして。
そのサイトはおもしろいですよね。
きょう、ようやくトラックバックのしかたを覚えたので、
トラックバック返ししておきます。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-30 18:34 | 伝承・都市伝説・噂・地元

京極堂さん出番です

ザンジバルの悪霊ポポ・バワ伝説 | Excite エキサイト

素敵な伝承ですね。
その土地の人にとっては笑い事ではないのかもしれませんが、
それでも、どんな事象にも素因となるものが存在します。
自分のつたない洞察程度では、
この伝承が興味を引くものでしかありません。
不思議な出来事で完結してしまいそうです。
でも、こういうのの奥深いところにある事柄をもっと知りたいですよね。
そんなこと思うのは自分だけでしょうか?
こんなときには京極堂さんが実在して、
すべてを解き明かしてくれたらいいのに、
と思ってしまいます。
解き明かされたら一気につまらないものに成り下がってしまう可能性もありますが、
少なくとも自分は伝承と、事実を両立させて尊重することが出きるので、
わからないままでいることのほうがむずがゆいです。

無口で皮肉屋でいつも難しい顔した京極堂人形みたいなの、
どこか発売してくれませんかねぇ。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-18 12:45 | 伝承・都市伝説・噂・地元