カテゴリ:競馬( 27 )

天皇賞結果全着順

Excite エキサイト : <競馬>天皇賞・春 伏兵、スズカマンボが優勝 : スポーツニュース
着順 枠 馬番 馬名 タイム/着差
1 5 10 スズカマンボ 3:16.5
2 8 17 ビッグゴールド 1.1/2
3 7 13 アイポッパー ハナ
4 2 4 トウショウナイト ハナ
5 8 16 ハーツクライ 2.1/2
6 3 6 リンカーン ハナ
7 6 12 マカイビーディーヴ クビ
8 7 15 マイソールサウンド クビ
9 3 5 ユキノサンロイヤル 1/2
10 1 1 ザッツザプレンティ ハナ
11 2 3 アドマイヤグルーヴ 2.1/2
12 6 11 ハイアーゲーム ハナ
13 8 18 ブリットレーン ハナ
14 7 14 サンライズペガサス アタマ
15 5 9 チャクラ アタマ
16 4 8 ヒシミラクル 3.1/2
17 1 2 アクティブバイオ クビ
18 4 7 シルクフェイマス 2.1/2

混戦とは思っていましたが、
さすがにマイソールサウンドは来ませんでした(8着)。
スズカマンボもアンカツが選んでいたので可能性はあると思っていましたよ。
でもですねぇ、
2着ビッグゴールド、
4着トウショウナイトは思いっきり切っちゃた馬ですね。
修行し直します。

このメンバーで何度もレースをやったら
やるたびに結果が違いそうです。
早めに先頭に立ってしまうしかなかったシルフェイマスといい、
引っかかりぱなしだったヒシミラクル。
ここらへんが今回のキーポイントでしょうか。
はっきり言って
自分にはあまり見た甲斐のないレースでございました。
完調手前のタップダンスシチーのレースなら見たかったです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-01 19:29 | 競馬

天皇賞展望

飛び抜けた馬のいない難解なレースです。
というよりも、G1の格も疑われるようなメンバーだと思います。
いちおう菊花賞馬が2頭にメルボルンC2連覇の馬がいるのですけど、
絶対的な強さを感じないので…

その証拠のように人気も大割れです。
単勝一番人気が菊花賞馬ヒシミラクルで5.3倍くらい。
二番人気が昨年の一番人気裏切り馬リンカーン、
三番人気が昨年3着シルクフェイマス、
阪神大章典2着アイポッパー、
オーストラリアの女傑マカイビーディーヴァ、
武豊のアドマイアグルーヴ、
あたりでしょうか。
このように単勝だけでもひじょうに難しいです。
最低人気がアクティブバイオ、
ブービーがブリットレーン、
その次がユキノサンロイヤルですから、
18頭全部とまでは言いませんが、
ユキノサンロイヤルあたりまでなら勝つ可能性もあるのではないでしょうか。

こんなレースは人気薄を絡めたワイドで、
参加する楽しみを得るのも手かもしれませんね。
狙いは阪神大章典を勝ったのに人気薄な15番マイソールサウンド。
ここから全馬に流すという外法もアリかも。
全組み合わせ20倍以上ですから。
いちおう絞ると2、4、9、17、18以外。
つまり1、3、5、6、7、8、10、11、12、13、14、16の12通り。
多すぎ…

う~ん100円で遊んでみようかな?
こんなレースで真剣になるのも変だし。
買わないのがいちばんですけどね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-01 09:52 | 競馬

皐月賞の衝撃

Excite エキサイト : スポーツニュース

強すぎました。
1頭だけ別次元の競馬をしていただきました。
ディープインパクトの完勝です。
スタートでつまずいて最後方からの競馬
それでもさすが武豊騎手。
慌てずじっくりと乗って3コーナーあたりからは中団と徐々に進出
4コーナーでは早くも先頭集団
そして右ムチ一発で簡単に抜け出してしまいました。
つまずいたのもハンデにさえなりませんでした。
武騎手のコメントで「ムチに驚いていた」と言っていたけど
ムチなしでも勝てたかもしれない。
それを今後のためにも気合を入れたということでしょうか。
それにしても強かったです。
こんどは100mくらいのハンデを付けないと勝ち負け関係ないかもしれませんね。

外枠、天才肌の走りからトウカイテイオーをイメージしていましたが
走りのバランスの良さではディープインパクトのほうが上かもしれません。
テイオーにはあのムチのような走り方という
誰にもマネの出来ない特徴がありましたけど
ディープインパクトにはそんなところもありません。
ただただ底上げされまくった能力というのが特徴だと思います。
少なくとも今回も馬込みには入らなかったこと
競った展開にもならなかったこと
ここに逆転の芽を残す以外は
この馬に勝てそうな気がしません。
あとは走る馬の宿命である脚の故障でしょうか。

あの身体つきから考えても
まだまだ成長する可能性はあるようです。
それにマジメに走ったのは
たったの数10mですから…

でもなぁ、適当なライバルがいないと成長も滞りそうです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-04-17 17:07 | 競馬

皐月賞予想

先週の桜花賞は
思いっきり天候予想がはずれたにもかかわらず
かなり会心の予想結果になりました。
まぁ、最終選択でデアリングハートをはずす失態もしましたが
おおむね良い出来だったと思います。

さて皐月賞。
今回はとんでもない人気馬が1頭いますね。
サンデーサイレンス産駒のディープインパクト
単勝1.5くらいですか。
いままでの3戦3勝の勝ち方も素晴らしかったですし
鞍上は武豊と
人気にならないはずがありません。
実際、この馬が負ける展開を予想するのは難しいです。
強いてあげれば
馬込みに突っ込んで出られなくなり脚を余して負ける。
もしくは早めに先頭に立ち過ぎてしまい
ソラを使って後ろから来る馬に足元をすくわれる。
この2つしかないように思えます。
底力というよりもスピードの違いで買ってきた印象が強いので
競った展開になったらどうかという
未知数な部分はありますが、
そういう状態に持ち込めそうな馬も現時点では見当たりません。
そのうえ鞍上がそんなやばい展開に持ち込むとも考えにくいです。
素直に2着探しをするレースでしょう。

人気のマイネルレコルトはマイネルらしく早熟派。
実績は認めても伸びしろはどうか?
馬券的妙味がないなら早熟の馬を応援しても甲斐がないです。
ここは思い切って軽視。
前走ディープインパクトに惜敗したアドマイヤジャパン。
まだ遊び遊び走っている感じでまだ成長の余地は見られる。
だが前走は多分に内ラチを利した好騎乗のタマモノ。
今回も同じことが出来るとは限らない。
しかも今回は外枠。
前走ほどのパフォーマンスは望めなさそう。
でも成長力には期待しておきましょう。
たぶん最後方から来るであろうローゼンクロイツ。
中山の2000で追い込むのには
かなり繊細でかつ思い切った騎乗が必要。
はまったときには威力があると思われる。
でもG1で1着になるとは到底思えない。
連下候補ですね。
ダンスインザモアの前走の勝ちっぷりは評価できるが
今回も同じことが出来るとは思えない。
母父のリヴリアには中長距離でのムラ差し馬の印象があります。
はまると強いけど弱さもはらんでいるという。
今回はどうでしょう?
このレースではなく
将来的に見守っていきたい気がしています。
あと気になるのは鞍上が魅力なヴァーミリアンと
だらだら流れ込みのシックスセンス。
どれも決め手には欠けています。

こうやって書きながら整理してみて改めて感じるのは
相手が絞り込めないレース。
こういうレースは無理に買わないほうが得策。
まだPATの権利はなくならないですから…
回避決定。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-04-17 11:24 | 競馬

疑問符

Excite エキサイト : 国際ニュース

倫理的な問題よりも
それで果たして強い馬が作れるのかという
前提を疑ってしまいます。
能力はもともとの遺伝的な資質よりも
後天的な環境などによって千変万化すると思っていますから。
この馬がクローン元と同じ能力を発揮したならば
自分は考えを改めなければなりません。

でも…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-04-15 19:56 | 競馬

桜花賞結果

1着8枠17番ラインクラフト
2着4枠7番シーザリオ
3着5枠9番デアリングハート
4着7枠15番エアメサイア
5着3枠6番ダンツクインビー
6着4枠8番エイシンテンダー

こういう予想だけだと当たってしまうのも相性悪さの成せるワザ
もしもデアリングハートが残っていたりしたら
買わなくて良かったね
の世界だったのに…

それにしてもシーザリオ強かったですねぇ。
勝ったラインクラフトよりも数段強い競馬をしてました。
敗因はもちろん騎手です。
騎手の差で負けたといっても過言ではありません。
間違いないです。
1頭だけ別次元の脚を使っていました。
あれがスムーズな競馬であったなら楽勝だったのでしょうね。
パドック、返し馬と素晴らしい馬っぷりでした。
あおヘタレ満載の騎乗でよく2着まで来たと思います。
この分だとオークスは不動の本命でしょうね。
血統からいったら、そっち向きなんですから。
となると前述のダンスインザムードが…

それにしても7着までサンデーサイレンス絡みの馬です。
直仔も孫でもブルードメアでも素晴らしさは薄れないってことでしょうか。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-04-10 20:00 | 競馬

桜花賞

全G1中いちばん相性の悪いレース。
もちろんウォッチだけにとどめます。
どちらにしても最近は買わないことが多いんですが…

軸に指名するのは3連勝4枠7番シーザリオ。
血統的に見るとどう考えても長距離底力タイプなのに
レースっぷりは快速馬のソレ。
この馬はダインスインザムードをホーフツさせます。
となると血統的に適距離のオークスではなく
この桜花賞で狙うべきか。
2番手指名は武豊を配した7枠15番エアメサイア。
天気の渋り具合次第ですが
距離伸びて良さそうなこの馬には恵みの雨となりますでしょうか
能力ありそうな8枠17番ラインクラフト
4枠7番エイシンテンダーは押さえという事で。
実はデムーロの5枠9番デアリングハートも気になるんですけど
そこまで広げては反則でしょう。
なので泣く泣く消しなのです。

今年の阪神は桜が満開みたいですね。
競馬場気持ちいいだろうなぁ
雨じゃなければ…
さて、この雨がどの馬に味方するのでしょうか?
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-04-10 11:00 | 競馬