カテゴリ:マンガ( 15 )

ジーク・ジオン

これってニュータイプ審査と言うより
エスパー審査みたいですね。
エスパーとニュータイプって同義語なんですか?
ってつまらないツッコミしてもしょうがないですね。
エスパーにはPK能力などの物理的な作用をするのに長けたタイプと、
透視やテレパシーなどの知覚に作用するタイプの2つに分かれるそうです。
そのどちらにも長けた人は、ほとんど現れないだとか。
つまりニュータイプは知覚能力のエスパーということですかな。

ところでフラナガン機関ってジオンの一機関ですよね。
ということはジオン公国はまだ、じゃないや、
もう実在すると言うことですか?
すごいなぁ、
死ぬ前に一度はジオン公国へ観光してみたいです。
とりあえずお約束で、
ジーク・ジオン!!!


ガンダム展の隠れた目玉!? ニュータイプ適正検査 | Excite エキサイト


> ちも。さん
TB、コメントありがとうございます。
ジオンとしては、
強化する前にまず洗脳するのではないかと…
まぁ、優しくしてくれることは確かでしょう。
っていうかララァだと、どれほどの初期値が出ていたのか知りたかったりします。
助言なしで避けられるとか。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-26 12:46 | マンガ

56億7千万年後

10年に一度、やってくる人に会った | Excite エキサイト

未来に会うことを約束して別れると言うのは、
小説、映画、マンガなどに実に多く主題となっています。
この記事のように実務的な例もありますけど、
多くはロマンティックに描かれていますね。

さて、自分が例としてあげるのはいちばんとんでもない約束です。
表題の56億7千万年後。
こんな途方もなく長い約束をした人がいます。
まぁ、正確には人じゃないんですけどね。
それは弥勒菩薩です。
そんな遠い未来なんて…
地球も残っているかどうか怪しいものです。

この途方もない約束をした弥勒を巡っても、
いろいろな物語が描かれています。
こういうの探して読むのも楽しいですよね。
みなさんも探してくださいませ。
自分のオススメは諸星大二郎「暗黒神話」かな
ここでは千数百年後に、
また会うことを約束するヤマトタケルノミコト、
というのも出てきます。
おもしろいですよ。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-28 01:49 | マンガ

黒騎士の住む星

もらうとガッカリなロボット、TV放映こぼれ話 | Excite エキサイト

自分はガッカリすることなく喜んでしまうと思いますけど…
愛らしい色と、大昔のブリキのロボットやかのロビーを髣髴させる
ノスタルジックなフォルムで、
実にかわいいじゃないですか。
自分は好きです。
まぁ、そんな自分の美的感覚を披露してもしょうがないですね。

この会社のコンセプトもステキですけど、
実は、このロボットを見てもう一つ思い出したものがあります。
それは「銀河鉄道999」です。
言うまでもなく松本零士さんの名作ですね。
これの第8話「暗黒星メフィストの黒騎士」に出てくる姿を思い出したのです。
もtもと「銀河鉄道999」は、全篇に寂しさが流れていますが、
この「暗黒星メフィストの黒騎士」にはそのテーマが色濃く流れていて、
好きな一遍です。
そんな黒騎士を思い出しました。
黒騎士はすごくカッコ良いのです。

この逸話を知っているから、自分にはこのロボットが
カッコ良く見えるのかもしれません。
やっぱり想像力を刺激させるものは素晴らしいのですよ。
そういう意味では情操教育に向くかな?
想定した情操教育とは違うかもしれませんけど。

太郎商店さんには、これからもステキな商品を出してもらいたいですね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-22 12:36 | マンガ

少年かく語りき

米日系ストアで日本オタクと仲良くなろう | Excite エキサイト

日本もアメリカもヲタの容貌はさほど変わらないみたいですね。
これが2chなら「ピザでも食ってろ」と罵倒されるわけですな。

ヲタの性質として「限られた情報、嗜好に傾倒する」
というのがあると思います。
この少年の場合は、まさにこれですね。
この記事を見る限りだと週刊少年ジャンプに偏っているわけですから…
他のを見ているとしても、たかが知れていますよね。
こういう無垢な少年を見ていると、
ついからかいたくなってしまいます。
たとえば伊藤潤二「富江」を読ませたらどうなるんでしょう?
「日本人の女の子はバラバラにしても蘇るのか?」とか。
ちょっと違う世代、嗜好に向けたマンガを読ませてみたいですね。
榎本ナリコ「センチメントの季節」とかだと…
これはヤバイ、ヤバすぎるか?
彼には刺激的過ぎるだろうなぁ。
確かにミニスカートだらけだけど…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-13 18:02 | マンガ

不完全科特隊

Excite エキサイト : 初代ウルトラマン特捜隊再結成へ : 芸能ニュース

この懐かしいメンバーを見ても哀しくなるのは、
もういらっしゃらない方がおられることですね。
特に科特隊の隊長、ムラマツキャップ(小林昭二)、
岩本博士(平田昭彦)さんら。
やっぱりなくてはならない人たちですから。
初回が放送されて、もう40年近く経つのですから、
難しいのはわかっていますけど、
それでも…

こんな偉そうなことを書いている自分ですけど、
実は「ウルトラマン」はリアルタイムで見ていません。
エセで申し訳ないです。

それともう1つ、
特捜隊って言う呼び方は止めてもらいたいですね。
栄光ある科特隊に失礼です。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-12 12:55 | マンガ

こだわりのテイスト

Excite エキサイト : 「タイムボカン」30周年で復活 : 芸能ニュース

タツノコプロ

タツノコさんもかわいそうに。
「鴉-karas-」の宣伝なのに見出しは「タイムボカン」だし、
-KARAS-のスペルは間違われているし…

といいつつ自分も「鴉-karas-」には興味ないのでした。
まぁ、しょうがないかな。
年齢的に新作アニメを追いかけるのはつらいし、
「鴉-karas-」自体もタツノコ40周年と意気込む割りには話題になっていないようだし。
(「鴉-karas-」って寺沢武一の「カラス天狗」とは関係ないんですね)

というわけで心惹かれたのは「タイムボカン」。
リニューアルはいいですけど、
問題は声優さんですよ。
あの悪人トリオ70代。
小原乃梨子さん、八奈見乗児さん、たてかべ和也さん。
(ナレーターの富山敬さんはもうお亡くなりになられました。
「ブタもおだてりゃ~」は別人に…)
このへんが完璧に揃わないとイヤだなぁ。
当然、主題歌は山本正之さんでお願いしたいです。
ここらへん、ちゃんとわかっているのかなぁ?
主人公とかは新人でもぜんぜん構わないですけど、
あのシリーズの要は押さえてもらいたいものです。
じゃないと認められませんもの。
シリーズ構成の小山高男さんもカムバック。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-07 12:04 | マンガ

眩しさよ

『ヒカルの碁』の影響でGOが米で大人気 | Excite エキサイト

「ヒカルの碁」好きですね。
いまでも、ときどき全23巻一気読みします。
特に好きなのが9巻のvs洪秀英。
佐為の独白「なんという伸び盛りの時期の眩しさよ」という
シーンが印象的です。
他にもいっぱい、いいシーンがあるんですよね。

これの影響を受けて自分も囲碁やってみようかな
って思った時期がありました。
もともと“コウ”とか“シチョウ”とかは知っていましたけど、
それ以上となるとナカナカ…
囲碁の入門ソフトとか購入してほんのちょっと遊んでみたけれど、
やっぱり…
自分は「ヒカルの碁」だけでいいです。
まぁ、同じくらいの初心者で覚えたいって気力のある人が、
すぐ近くにいると変わってくるかもしれませんけど…
近くのご老人たちはお強いですからねぇ。


> AppleTeaKoboさん
コメント、トラックバックありがとうございます。
将棋のマンガは暗いですか。
確かに「月下の棋士」は明るくないですものね。
能絛純一さんですから、明るいのも似合わないですし、
それに対象読者が少し上なのもありました。
あと有名な将棋マンガだと、
つのだじろう「5五の竜」というのがあります。
これは少年誌向けじゃなかったかな。
まぁ、当時は人気あったし、影響力もあったんですけど、
今となっては難しいかもしれません。

> 2921さん
コメントありがとうございます。
実力差がありすぎるのはつらいですよね。
良きライバルがいても、成長の度合いが違うと、
これまた困ったことになります。
若いときなら、ナニクソと、それを原動力にがんばれますけど、
自分くらいになっちゃいますと、簡単にあきらめちゃいますから。
やっぱり若いときに覚えないとダメなのかなぁ、
と思わず弱気になってしまうのであります。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-06 11:58 | マンガ

金城さんと上原さん

Excite エキサイト : 「“ウルトラの父”伝説」蔵出し…金城哲夫の生涯 : 芸能ニュース

あの初期ウルトラシリーズを支えたのが
金城さんと、彼の推薦で脚本に参加した上原正三さんの沖縄コンビであることは、
疑いようもないわけでして。
まぁ、そんなことを知らなくてもウルトラシリーズは面白いのであります。
参考までに
ウルトラQ、ウルトラマン、ウルトラセブンの金城さんが担当した回を列挙します。

『ウルトラQ』28話中
「五郎とゴロー」「宇宙からの贈りもの」「甘い蜜の恐怖」「クモ男爵」
「ガラダマ」「ガラモンの逆襲」「1/8計画」「南海の怒り」
連名
「マンモスフラワー」「SOS富士山」「2020年の挑戦」「206便消滅す」

『ウルトラマン』39話中
「謎の恐竜基地」「オイルSOS」「恐怖のルート87」「まぼろしの雪山」
「禁じられた言葉」「小さな英雄」「さらばウルトラマン」
連名
「ウルトラ作戦第一号」「バラージの青い石」「怪獣無法地帯」
「遊星から来た兄弟」「怪獣殿下」(前後篇)「地底への挑戦」

『ウルトラセブン』49話中
「姿なき挑戦者」「緑の恐怖」「湖のひみつ」「宇宙囚人303」
「狙われた街」「魔の山へ飛べ」「ウルトラ警備隊西へ」(前後篇)
「空間X脱出」「零下140度の対決」「蒸発都市」「ノンマルトの使者」
「史上最大の侵略」(前後篇)
連名
「マックス号応答せよ」

列挙しただけでも面白さが伝わってきそうです。
ひさしぶりに見ようかな?
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-01 18:28 | マンガ

風よ光よ

虚無僧ストラップも!知られざる虚無僧の世界 | Excite エキサイト

自分の見解はふつうではありませんので、
ふつうを求められる方はお引取りお願いします。
自分が、虚無僧から連想するのは「怪傑ライオン丸」なのですから。
我ながらマニアックだと思います。
あの白獅子の姿に燃えたものなんですよ。
この虚無僧が出てくるのは初期のシリーズですね。
オロチとかオボ、ドキ、ツララとかが出てくるやつです。
いや知らないですよね。
自分でもナゼ知っているのか不思議なくらいですから。
この虚無僧たちが天蓋を取ると、異形のバケモノに変身するわけなんです。
う~ん素晴らしい。
どこらへんが素晴らしいかは詳しく聞かないでください。
本人もよくわかっていませんので。

この前半のわけのわからないツカミに限らず、
虚無僧の魅力って、なかにどんな人が隠れているのかわからないところですよね。
ライオン丸のように悪人が出てくることもあれば、
探していた父の世を忍ぶ姿であることもある。
この虚無僧のシステムはステキです。
でもこんな姿でコンビニに入るのは止めてください。
怖すぎです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-31 22:14 | マンガ

うずまき

一晩のうちに湖が消滅 ロシアの村 | Excite エキサイト

一夜にして湖が飲み込まれる。
すごいですねぇ。
他人事のように対応してしまいますけど、
どうやって、どうして消え去ってしまったのか、
ゼヒ知りたいものです。

伊藤潤二さんの「うずまき」に出てくるトンボ池が、
ちょうどこんな感じでしたね。
こっちのほうは台風から街全体まですべてを飲み込んでしまうんですけど。

原因が地下洞窟だとしても、
なぜ急に湖を飲み込むことになってしまったのか?
その地下洞窟はいつから存在したものなのか?
興味は尽きません。
続報ヨロシクです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-20 23:59 | マンガ