2005年 07月 31日 ( 2 )

くどい天丼

室蘭の有名な天丼屋さんに天勝という店があります。
ここの天丼がクセになるんですよ。
特にすごいと言うほどじゃないですけど、忘れられない味になるんです。
まぁ、ふつうに平均点異常はあるんです。
700円と言う値段とエビ6、イカ1の新鮮なネタもあるでしょう。
でも、自分がいちばん気になるのは
そのくどい味付けです。
とはいえ決して飽きるようなものじゃないんです。
さっぱりとしたくどさとでも言いましょうか。
そんな不思議な味付けなのです。
こんなのですから他では味わえません。
室蘭に行ったときにしか食べられないんです。
今回食べたときに再認識しました。
気になって仕方のない味なんですよね。

関係ないですけど、
ここの店の雰囲気が昭和を感じられて好きなんですよね。
昭和の実用一点張りの外観、内観。
改装しちゃったら魅力半減だろうなぁ
まぁ、そんなこと出来るほど儲かっていないと思いますけど。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-31 20:39 | 食・酒

ダルビッシュ初黒星~年齢差22歳の対決

18歳ダルビッシュ 初黒星 : スポニチ

ダルビッシュくんにつに負けがついてしまいました。
いままで責任投球回までは負けていた試合でも、
その後、同点、もしくは逆転して負けはついていなかったのに…
まぁ、これも経験が増えていけば当たり前のことなんですけどね、
なんだか寂しいのです。

今回の相手投手は大ベテラン吉井40歳。
パ・リーグ最高齢の投手になるのかな?
こんな親子ほども年齢差のある投げあいも素晴らしいです。
ダルビッシュくんは敗れたとはいえ3失点。
先発の役割を十二分に果たしているのですから。
それにしてもダルビッシュくんは公式戦になると、
どこかしか修正点があるようですね。
今回の登板はランナー無しでもセットポジションで投球し、
必死に修正を試みたようです。
こういうところはまったく新人離れです。
吉井レベルの経験を思わせます。
ただそれでも、勝負回で自滅してしまったのは辛いです。
結局7回を投げぬいて6安打2四球。
このうち5回に3安打2四球+暴投をまとめてしまい3失点という内容。
この結果には、たぶん本人がいちばん納得していないでしょう。
修正を続けても、その修正が生かせずに3失点してしまったことを。
彼は、こういう経験を必ず克服してくれるはずです。
いままでの登板6試合を見て確信しています。
それが出来て、ダルビッシュくんは真のエースとなりうるのでしょう。

釧路  18312  3時間3分
日ハム 1 : 3 オリックス
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-31 10:20 | スポーツ