2005年 06月 20日 ( 5 )

夕刊フジの苦肉を笑え

Excite エキサイト : ストライカーぶり大黒強烈アピール…ヒデも絶賛 : スポーツニュース

参考 : 造反俊輔、ギリシャ戦先発外せ…チーム内に亀裂も

自分は大黒と中村を応援しています。
(今回はいないけど中沢も)
この記事自体はほかでも読めるもので面白くもナントモありません。

しかし、この記事を書いているのが「夕刊フジ」だと言うのがおもしろいのです。
夕刊フジはことあるごとに中村を非難し続けてきました。
先日の記事では川淵キャプテンが
「中村不要論」を唱えたかのような記事を書いています。
(その後の川淵キャプテン本人のコメントで捏造であることが判明)
先発をはずせとまで書いていたのです。
そんな新聞が、この記事を書いているんです。
まったくザマァミヤガレですよ。
この試合の得点。
大黒の素敵なゴールは、中村の素晴らしいスルーパス無しにはありえません。
それにFIFAの選ぶこの試合のMVPに中村が選ばれました。
でも夕刊フジとしてはいまさら賞賛することなんか出来ませんよね。
なので一言だけ触れるにとどめています。
この情けなさがすごく面白いです。
いやぁ、出来るなら夕刊フジにはもっと中村批判を展開してもらいたい。
そして、もっと赤恥をかいてくださいませ。
中村がダメなら誰に矛先を変えますか?
ふつうの記事を書く夕刊フジなんてなんの価値もありません。
別に大黒批判でもいいんですよ?
そのほうが夕刊フジらしいし。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-20 20:02 | スポーツ

冷麦の色

そうめんの新境地!? デザートにもなる苺そうめん | Excite エキサイト

この記事を見て思い出しました。
冷麦を食べていると、なぜか色の違う麺が入っていたりして。
この色つき麺は苺そうめんと違って味は変わらないんですけど、
これを食べるとすごく得した気分になれたものです。
みんなで食べるときには争奪戦になったりして…
そんなことを思い出しました。
いまじゃこの色付き冷麦も大量にあったりして。
そんなのが大量にあったって、
ゼンゼンありがたみがないですよ。
あれは一本だけだったから良いんです。


> aoneko55さん
コメントありがとうございます。
うどんのなかにそばですか、
確かに3色麺とかで商品となっていますけど、
自分には味が違いすぎるんで微妙かも…
でも予期しないものが入っているオマケ感は味わえますよね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-20 18:50 | 食・酒

回転寿司の生きる道

ものまねも、手品もまわる! ”仰天! 回転寿司” | Excite エキサイト

北海道の回転寿司は安くておいしいのが食べられます。
有名な小樽の寿司屋通りで食べるよりもおいしいと感じられる店がたくさんあります。
しかも値段が安い。
たしかに東京とかでもおいしい寿司屋はありました。
でも値段が格段に違いますから。
回転寿司の難しさは「回転」の悪い店だと格段に味の評価が下がってしまうところ
もともとはいいネタかもしれないのに、
こうやって新鮮さを、おいしさを下げていくのです。
北海道のおいしいとされる回転寿司では「回転」早いです。
鮮度が落ちるひまがないくらいの回転率です。

そんな店がたくさんあるから…
ここに紹介された店も差別化に苦労しているみたいですね。
味だけだと集客効果低いですから。
というよりも時間がかかるというべきかな。
味の良かった店が段々質を落としたとしても伝わりにくいのと同じように、
味の良い店との評判が確定するのには時間がかかってしまう。
最終的には味と値段のバランスだとわかっていても、
「何か」をやらないとダメなのってありますね。
特に味、値段のレベルが近い店が揃っていると。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-20 12:34 | 食・酒

日焼けサロンで待っています

Excite エキサイト : 情報守る“秘密の紙”開発 通常光では読み取り不可能 : 社会ニュース

素晴らしい技術だとは思いますけど、
タネを知ってしまえば別にどうと言うことはないものですから。
暗号は世に出た瞬間に解読されてしまう。
そんな感じです。
> 情報を守りやすい。
っていうのも、いかほどか…
でも、この技術が広まって、
この暗号を読むために日焼けサロンが繁盛したりして。
そうなったら面白いなぁ、
くらいかな。
ビジネスでは使いにくいでしょうね。
このあぶり出しが人気になるのはビジネスの世界じゃなくて、
キッズ向け商品かも。
ノスタルジックでほんのり夢を感じる商品。
そういうのを作り出せばヒットするかも。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-20 12:15 | ニュース

大黒がいればダイジョウブ

Excite エキサイト : <サッカー>日本、欧州王者ギリシャ降す コンフェデ杯 : スポーツニュース

まず、今回のシステム変更
4-4-2の2topに柳沢と玉田。
この二人が悪いとは思いませんけど
せっかく機能していたあの3-6-1を捨てる必要があるのか?
今回好調な加地の動きを阻害しないか?
バランスを失いかけたMF陣はダイジョウブか?
という疑問がいくつかまずありました。
でもふたを開けてみれば杞憂でしたね。
相手のギリシャディフェンスが中盤のチェックを怠ってくれたため、
完全にイニシアティブを取ることが出来ました。
あそこで自信がついたのか、その後のチェイシングされてからも、
システムは生きていました。
フィニッシュが悪かったけどFWD二人のコンビネーションもすごく良かったです
ディフェンダーにスピードが無いと言うのもあったでしょうけど
前半は、あれだけ優位にたっていただけに、
最後の詰めを欠いていたことに悪い予感がありました。
加地は相変わらずいい飛び出しがありました。
あれがないと攻撃に広がりがありませんものねぇ。
それに最大の問題点と言われたMFのバランスも、
かなり改善されていたように思えます。
きょうのMFでいちばんよかったのは中田かな。
前に出すぎず、それでいて攻撃陣の動きをしっかり見ていて、
いいコントロールをしていました。
中村もメキシコ戦よりはひどくなく、
彼らしいパスがいくつかありました。
あとは大胆なポジションチェンジかな。
彼は攻撃の柱なのですから、
彼のコンディションで幅がまるで違ってきますものね。
リスタートでは、ゴール前で自由にさせていなくても、
でも、ディフェンス面では強引に決められそうな強さが相手に見られたから、
ちょっとドキドキしていましたよ。
結果的には0点で抑えられたのですから杞憂でしたけど、
きれいなディフェンスだけではやっていけないことを少し感じました。

後半に入るとギリシャも高い位置からプレッシャーをかけてきたんですけど、
どうにもコンディションが悪いと言うか、
日本のボール回しに翻弄された印象です。
ユーロを勝ち抜いたときには、これが効果的だったんですけどねぇ。
でもディフェンスは前半とは違うあくどさを見せていましたね。
早い日本の二人のFWDが走り出す前に捕まえる。
これをやっていたみたいです。
それで玉田が倒されていたこともありました。
そして打開策に玉田→大黒に交代。
ドリブラーとしての速さは玉田ですけど、
ボールが流れてくる位置にいる、
ディフェンダーから消える動きは大黒のほうが上ですね。
味方からは見えて敵からは見えない、
そんな大黒の動きがチャンスを何度も作っていました。
それが、あの値千金のゴールに繋がりました。
中村からのスルーパスに反応して
二人のディフェンダーの間を切り裂くように抜け出した、
素晴らしいゴールです。
それまでの決定的なチャンスを何度もはずしていたジレンマを、
すべて振り払うようなゴールでした。
ホント、大黒サマサマです。

でもいくつか問題点はありましたね。
アレックスのもらわなくてもいいイエローカードとか、
味方ゴール前での気の抜けた球出しとか。
今回はギリシャの不調によって助けられましたけど、
いつも、あんなにうまくいくとは限りません。
もっと、慎重にプレイしてもらいたいものです。

それと、決定的チャンスはずしすぎ…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-20 03:29 | スポーツ