2005年 06月 18日 ( 4 )

株主総会間近

Excite エキサイト : <敵対的買収アンケ>企業の7割以上が対策急ぐ実態が判明 : 経済ニュース

総会のお知らせのいくつかは、それ関連がメインでしたね。
そんなところに気を回していられないところもありますけどね。

ホント、今月は株主総会の花盛り。
まぁ、どうせ行くことはないんですけど。
それにしても便利になりました。
インターネットでも議決権の行使が出来るんでね。
取り仕切るところによっては出来たり、出来なかったりしますが、
それでも出来るところが増えたのは確かだと思います。
最近では葉書を出すのも億劫になってしまって…

こういうのは楽になると本当にうれしいです。
ましてや総会に顔を出すなんて考えられません。
小口の議決権を持って参加するのも退屈ですから。
そのうち総会の様子もネットで配信するんでしょうか?
いらないサービスだなぁ。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-18 21:52 | ニュース

俊輔応援団

Excite エキサイト : 造反俊輔、ギリシャ戦先発外せ…チーム内に亀裂も : スポーツニュース

てやんでぇ、
いま日本に必要なのは、
味方に取れないようなパスしか出せないナカタじゃなくて、
調子がいいときには素晴らしいイマジネーションを見せてくれる
中村俊輔しかありえないです。
ボランチに居ながら、満足な守備も出来ないような人を崇め奉る必要なんかないのです。
攻撃センス、パスの引き出しに関してなら俊輔のほうが上なのです。
しかし、彼の場合は調子に波があります。
その低いときを基準においてしまうのは可愛そうです。
ずっと低調だが、一般的に見ると平均的なプレイに終始する人とは違うのです。
ナカタは膠着させることは出来ますが、切り開くまでは出来ないのです。
そこをわかってもらいたいのです。
日本が真に当てにしなければいけないのは、
俊輔の創造性なのです。
ナカタをメインに据えれば善戦、惜敗と評価されるでしょう。
でも勝つチャンスのないパスを送られても困るのです。
どんなカタチであれFWDに通してもらわないと波状攻撃も仕掛けられないのです。
自分は中村と小笠原のコンビを崩して欲しくないですね。
個性もかみ合っていると思います。
まだ小笠原は世界の圧力に慣れていない部分はありますけど、
直に見劣りしなくなることでしょう。
中村と小笠原のコラボレーション。
どちらも個性的で持ち味の違いがかみ合っています。
いままでの日本でもっとも美しいコンビになってくれると思います。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-18 19:58 | スポーツ

シマエビ解禁

この時期のシマエビはおいしいです。
ザル一山300円で買ってきたものらしいんですけど、
これが甘味があっておいしいんですよ。
それに抱卵状態のものも多く、
これもおいしい一因かな。
まぁ、こういうエビって意外と食べ方が限定されます。
頭を取っただけのものにむしゃぶりつくしかないという。
卵はうっすらと塩味です。
はっきり言ってしょうゆとかも使わないほうがいいんです。
エビの甘味と、卵をそのまま味わうのがいいんのです。
旬のシマエビ。
この時期だけのお楽しみかな。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-18 19:34 | 食・酒

校正ミス

ボーナスは日本の伝統文化!? | Excite エキサイト

自分もボーナスをもらえない立場なので、
ボーナスに対する思いはなくなっていたりします。
もらっていた時期もギャンブルで当たった程度にしか考えていなかったし、
小粒なギャンブル程度しかもらえなかったし…

この記事を読んで気になったのは、その年号ですよ。
> 1976(明治9)年のこと
思わず吹き出してしまいました。
自分のblogではいっぱい校正ミスあるのにも関わらず、
こんな公式の記事中にミスを見つけてしまうと喜んでしまうのです。
悪い性格ですねぇ。
そんなわけでボーナスなんて、
ボーナスなんて、ボーナスなんて、
いらないやい。

> 1876(明治9)年のこと
もう修正されてますね。
ツマンナイヤ。


> kiyoaki.nemotoさん
コメントありがとうございます。
まぁ訂正してもらえるのはありがたいことなんですけどね。
一抹の淋しさがあると言いますか…
校正は紙に出力しないとやりにくいんですよね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-18 01:09 | ニュース