2005年 06月 02日 ( 5 )

相対性理論の向こう側

Excite エキサイト : 百億光年先の銀河、見えた 国内最大望遠鏡「なゆた」 : 社会ニュース

この天体は現在の人類が知りうるなかで、
もっとも遠くにあるとされる天体の1つですよね。
百億光年かぁ。
「なゆた」が見せてくれる光は、
百億年前に発せられた光。
人類、恐竜はおろか地球でさえも生まれたいない頃の光。
そんなのが目前にあるのですね。
この天体、現在の姿はいったいどんなのでしょう。
もう存在していないかもしれません。
ブラックホールになっているかもしれません。
etc
いろいろ想像が拡がって楽しいですよね。
この相対性理論の向こう側にはいったい何があるのでしょうか?
難しい物理学も
こうやって考えてみると実にロマンティックですよね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-02 22:09 | 学問・テクノロジー

風の大地

従来の理論を覆す首の短い草食恐竜、発見 | Excite エキサイト

この首の短い竜脚類、草食性の首長竜。
ジュラ紀後期といいますから首が短いのは、
竜脚類進化の初期と言うわけではないようです。
この短い首の理由が、
> ある特殊な食物事情に適応するために進化したもの
いいですねぇ、
こういう進化の幅を許容できるようになってきたのは素晴らしいことだと思います。
昔、恐竜と言えば地味な肌をして肉食と草食にしか別れていない印象でした。
それがいまでは、現在の動物なみにいろいろな色形が想像されています。
その状態が化石としても発見されてきたようで、
大変喜ばしいのです。

この化石が発見されたのが南米パタゴニア。
パタゴニアといえば勇壮な氷河とそれが作り出した荒々しい風景。
そして強い風。
この恐竜が生きていた時代も強い風が吹き付けていたのでしょうか?
現在のパタゴニアの草原には強い風に適応した低い潅木が多く。
それを食べるグアナコのしなやかな首が印象的です。
このときのパタゴニアも強い風が吹き付けていたのかもしれませんね。
そこに生い茂る植物も、その気候に適応したもの。
それを食む首長竜も長過ぎる首では生きていけなかったのかもしれません。
こうやって想像していくだけでも楽しいではありませんか。
恐竜の進化の歴史は、人間のそれなぞ及びもしないくらい長大なものです。
それが少しずつ明らかになってくる。
これだけでワクワクしてきます。

参考 : 島村英紀さんが撮ったパタゴニアの写真
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-02 20:17 | 自然・季節

レンタルビデオですか?

大学生の間で流行のクラッチバッグを追った | Excite エキサイト

そのまんまです。
どうもこの入れ物(バッグとは思えない)に大学のロゴが入っていなかったら、
レンタルビデオを入れてくれるものになるでしょう。
そう見えませんか?

あのレンタル袋は青いのが多いように思うんですけど、
そう思うのは自分だけですか?
他の色をあまり見ないなぁ


> kiyoaki.nemotoさん
コメントありがとうございます。
> 赤
そんな色のもあるんですね。
まぁ、色はそれほど難しくなく生産出来るでしょうけど、
見慣れないかもしれません。
この袋って、そのまま持ち歩くには不向きですよね。
車とか、自転車のカゴに入れて移動するためにあるような…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-02 12:51 | ニュース

青天の霹靂

Excite エキサイト : 小野が骨折と発表 フェイエノールト : スポーツニュース

かなり厳しいニュースです。
小野には卓越した戦術眼とパスセンスだけじゃなくて、
セカンドボールの奪取にも長けていただけに、
これは痛い、痛すぎます。
1トップ柳沢で全体練習の戦術も固まりだしてきた段階で…
こうなると違うオプションも考えないとダメみたいですね。
攻撃MFに中田、中村そのままでボランチの福西に遠藤か稲本。
もしくは、攻撃に中村、小笠原でボランチに中田、福西。
こんなのが考えられるでしょうか。
攻撃的にいくなら後者かな。
さてジーコはどうするのでしょうか。
小野の離脱は痛すぎるけど、こういうのは乗り越えてもらわないと。
ドイツなんか考えられません。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-02 12:43 | スポーツ

FWが焦点

Excite エキサイト : 欧州組と息ピタリ!柳沢1トップ急浮上 : スポーツニュース

ジーコが自ら首を締めているのはこれでしょうね。
アントラーズへのこだわり。
調子のいいときの鈴木ならともかく、
いまの鈴木はレギュラーで使ってもしょうがないのに、
どうしても使いたがる。
ポストにこだわるよりも、
裏を狙ったプレイの大黒のほうがいいだろうに。
ポストだけだったら高原とかのほうが上。
高原が使えないのならFWの使い方自体変えたらいいのに。
そのほうが日本にあっているでしょう。
中田をFW的に使うのは賛成です。
でもそれを生かすFWがいまの鈴木では、
それも機能しないのは明確でしょう…
その点、柳沢ならば鹿島との関わりもあるし
妥協してもらえるのでは?
個人的な意見では
大黒とか大久保のほうが日本のスタイルに合うと思うのだけど…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-02 07:20 | スポーツ