「ちょっとピンボケ」を夢見て

Excite エキサイト : 「イラクの真実」に命がけで迫るインディーズ映画 : コンピュータニュース

独裁から解放したのは別の独裁でした。

イラクの現在の状況を的確に伝えてくれているのだと思います。
こちらに届く情報は乏しいです。
そこから真実を見出すのは難しい。
でも、これだけはわかります。
フセインは誉められた人ではないけれど、
ブッシュも誉められることばかりしたわけではない。

イラクのリアルないまを伝えるのには、
この方法しかないのかもしれません。
でも、危険過ぎます。
イラクには実情を嘆くだけの人ばかりではないのですから。
素敵で興味深いことなのはすごくわかります。
だけど、自分から飛び込んで参加するには危険過ぎます。
素晴らしいドキュメンタリーを作っていただくことを期待しています。
ただし、くれぐれも地雷は踏まないでください。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-09 19:57 | ニュース


<< 背中がカユイ ナゾの虫、撃退します >>