アロマ空間

悪い運転は“匂い”から? ニオイと運転の因果関係 | Excite エキサイト

車の中には何かしら匂い付けをしているものでしょう。
まぁ、放っておくとガソリン臭くなるってものでもないから、
遮臭性(こんな言葉を作っちゃいました)は高いのでしょう。
でも、車独特の匂いと言うのは気になりますよね。
なんと表現していいのかわからないですけど、
そんなのがあると思います。

自分は揮発性のアロマオイルを車内に香らせています。
柑橘系のベルガモットです。
カー用品の店に行くといろいろな芳香剤がありますよね。
そのなかには有名な香水風のものまであったりして…
そこまで、懲りたくはないので、
もしくは芳香剤の入れ物のセンスが自分とあわないので、
適当なものにオイルを染み込ませ、
それを揮発させているのです。
香りはベルガモットしか所持していません。
いちおう他にも手に入れたい香りはありますが…

今回のこの記事で気になったのが
> 他の危険なニオイはカモミール、ジャスミン、ラベンダー。
> 理由は、リラックスしすぎて眠気を誘ってしまうから
これですね。
自分のこの香りの効果を鵜呑みにしていました。
そうなんですか、車の中は少し特殊な環境となっている、
と考えたほうがいいんですね。
まぁ、いまのベルガモットの香りは気に入っています。
もともとリラックス効果はないと言われていますけど、
自分はこの香りでリラックス出来ていると思います。
たぶん、人それぞれの感じ方はあるんでしょうね。

次の狙いは森林の香りを狙っていたんですけど、
弱いかな?
リラックスしすぎちゃうかな?
同じ柑橘系だと芸がない気もするし…
こうやって悩んでいるうちが一番楽しいんですよね。
でも、運転中に考えてたりすると危険なのです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-03 19:52 |


<< メリットがない 知らぬ存ぜぬパンロール >>