貴ノ花の思い出

Excite エキサイト : <二子山親方>人気集めた元大関貴ノ花が死去、55歳 : 社会ニュース

記憶に残る一番はvs高見山でしょうか。
あのときすでに大関とはいえ、とてつもなくもろかった。
内臓疾患での休場も多く、いつもカド番だった気がします。
そして、件の高見山戦。
あの当時の最大力士であった高見山と小兵の代表格・貴ノ花との一戦は、
目が離せませんでした。
高見山が立ち会い突っ掛けただけで貴ノ花は、
よく土俵下まで吹き飛ばされたものです。
でもちゃんとした立会いではしっかりと受け止めて、
高見山を土俵に転がしていました。

また貴ノ花と言えば、徳俵を利用した土俵の回り込みとか得意でしたね。
あれは粘り腰と言うよりも、
軽業師みたいに見えました。
とはいえテクニック的に優れていたわけでもないんですよね。
同じ時期には旭国(現・大島親方)というテクニックの権化みたいな人がいましたから。

あれだけ休場を繰り返したにも関わらず
大関の地位から落ちずそれこそ粘り腰でがんばっていられました。
その後の親方としての活躍は言わずもがな。
そんな粘り腰が身上の人も夭折なさりますか…

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-30 23:00 | スポーツ


<< だんぴんぐ? ダマ好き >>