玄米

有機栽培なのにUVカットなコットンがある | Excite エキサイト

製法とか利用方法とかはまるで違いますが、
このオーガニックコットンは玄米に近い意味合いを持っているのではないでしょうか。
玄米も、もともとの栄養成分を削りまくって、
ほとんどを白米として食べられています。
見た目と、癖のないうまさを追求するあまり、
ほとんどの栄養成分を削り取ってしまったわけです。
一方コットンは品種改良によって白さが強いものが残されてきました。
そしていま、原種の色がもつ意味が再認識されてきたわけですよね。

人間の都合で生まれてきているものの、
なんとバランスの悪いことか。
いまはまだバランスが良いとされている人工産物も、
これから後、どんな影響を表してくるのかわからないですね。
でも自分は自然の生態系だけが最高とは思いません。
時間をかけて、人間の作り出した環境に適応していくものも現れているわけですし。
自然が人間と共存することに理解を示してくれるならば、
それが最善だと思っています。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-26 13:20 | 自然・季節


<< ダービー枠順決定 商売商売 >>