TIME誌が選ぶ映画100選

Excite エキサイト : 「生きる」など4邦画も タイム誌が名作百選 : 国際ニュース

参照

どうやって決めたのはよく調べていませんけど、
タイム誌の発表した映画名作百選です。
リストを見ると若干古いものが多い気はしますが、
いい選出だと思います。
某キネ○とかと違って娯楽作品と呼ばれるものも、
けっこう含まれているのが好感持てます。
百作品をこれから楽しむと言う分には、
これでいいのではないでしょうか。
ただ、監督の代表作、俳優の代表作と言う観点からは、
少し違うでしょう、というのがチラホラあったりします。
たとえば、オードリー・ヘプバーン主演で
「ローマの休日」がないのはナゼかとか。
クロサワ作品で「七人の侍」がないのは困るとか、
キューブリックで「バリー・リンドン」と「博士の異常な愛情」じゃイヤだとか。
いろいろツッコミどころは多くなります。
まぁ、これだけ選ぶとなるとケンケンガクガク、
一筋縄では決まらないのはあたりまえですね。
たぶんバランスが取れているのだと評価しておきます。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-23 14:49 | 映画


<< 100円って意外と高い BS永遠の音楽 アニメ主題歌大全集 >>