オークス展望

これが2000mだったなら、
先日NHKマイルカップを楽勝したラインクラフトとの再戦もあり得たでしょうに。

嘆いてもしょうがないです。
今回は強い桜花賞の2着馬シーザリオが、
噂通りの実力を発揮出来るか?
そこにかかっていそうです。
もうあの桜花賞を見たならば負けてなお強しの印象です。
でも、この一気の距離延長で、
単勝1.数倍に支持されるほどの安定力はあるのでしょうか?
他馬には付け入る隙がないのでしょうか?
自分は勝つのは評判どおり2枠4番シーザリオだと思いますけど、
この単勝を見るとしり込みしてしまいます。
鞍上も今季G13勝で絶好調の福永なのですから不安点はありません。
それでも…
勝つならアッサリでしょうけど、
ここは紛れを求めて遊んでみることにしましょう。
シーザリオを連単の2着固定で…
いや、むしろ人気薄馬の2着飛び込みを期待したほうが可能性が高いか?
(弱気な姿勢でスイマセン)

どうせですから、人気の、
3枠5番武豊エアメサイア、
5枠9番デザーモで角居同厩舎ディアデラノピアははずしましょう。
(はっきり言って4→5、4→9は最有力)
狙いはここ2戦散々で人気が落ちている8枠17番ショウナンパントル。
吉田豊が思い切った騎乗に専念すれば可能性もあると思います。
角居厩舎2頭出しの影に隠れている松田国厩舎2頭出し。
その1頭が怖い怖い4枠7番蛯名のレースパイロット。
前走は権利取りのために早めの競馬。
今回は脚を貯める競馬が出来ます。
怖いですよぉ。
(でもこういうときに来るのって人気薄のほうなんですよね
となると5枠10番ライラプス…いいや忘れてください)
いかにもスタミナありそうな1枠1番エリモファイナル。
勝つ光景は思い浮かびませんけど2着なら…
そして大穴がダートにしか良績がない7枠13番ランタナ。
確かに芝での最高位7着とはいえ2400の長距離で、
ブライアンズタイム産駒の底力が目覚めてしまうかも。
しかも鞍上は江田照。
こういう地味な男が忘れた頃に来てしまうのです。
つまり買い目は、
4→17、4→7、4→1、4→13。
ランタナが来てしまうと万馬券ですねぇ。

ところで記者会見で福永が言っていた
「逃げてもいい」
ホントに逃げたらどうなるんでしょう?
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-22 12:57 | 競馬


<< 力勝負 足枷 >>