めくじら

角膜移植への誤解を生む? ホラー映画に眼科医が猛反発 | Excite エキサイト

めくじらとは、
新解さん第6版によると「くじら」とは「すまくじら」の略、すみっこの意、
だそうです。
なんだ、あのクジラじゃないのか、
ということでございます。

あ、ぜんぜん関係ないですね。
本題はインドにて、
ホラー映画に対するわけのわからない反対運動が起きそうだ、
ということです。
監督のコメントにもありますけど、
「そういう反対意見を聞いていたら、ホラー映画はもう作れなくなってしまう」
の通りです。
少なくとも、こんな主題のストーリーなんて星の数ほどあります。
はっきり言ってありふれた主題です。
例を挙げるのが面倒なくらいいっぱいあるプロットです。
それをイマサラ、禁止しろだなんて…
もしかしたら、この禁止を唱えている人は、
ありきたりすぎるから、もっと興味を引くものを考えろ、
という叱咤なのでしょうか?
そう思ってしまうほどお門違いなご意見でございますね。

でも逆に、こういったお門違いのめくじらを立てさせる何かが、
この映画の中にはあったのかもしれません。
そう思うと、実はすごい作品なのかもしれません。
ちょっと、興味が出てきました。


> 小言幸兵衛さん
コメントありがとうございます。
自分としては、監督の主張を支持したい、
それだけです。
歴史的に見ても宗教がらみは頑固ですから、
そう簡単に払拭されないでしょうけど、
インドの方にはがんばっていただきたいです。
インドの国民性を重視されていない文章になっているのは
少し独りよがりかもしれません。
ただ、この文章は日本人向きに書いていますから。
翻訳されて現地でも読まれることは想定していません。
そこに齟齬があるのかもしれませんね。
短絡な文章で申し訳ありません.
>> 「牛を食うと牛になってしまう」
それってアメリカ産の牛肉を食べると、
必ず狂牛病になってしまう、
と似たような考えですよね。
あんまり日本人も変わっていないようで、
ちょっとうれしかったりします。
自分はもちろん、米産牛肉を食べたくない派ですよ。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-21 15:40 | 映画


<< 耐えなきゃ… 豆太 >>