病院行き無料タクシー

Excite エキサイト : 救急車有料化で検討会設置 出動増加受け、消防庁 : 政治ニュース

病院行きの無料タクシーのような使い方をしている人もいると聞きますし、
有料化の措置も致し方ないことでしょう。
都市部では渋滞の状態にもよりますが、
だいたい5分くらい、遅くても10分程度で現場に着くそうです。
意味の薄い要請で、この到着時間を遅らせるようなことになるのは、
問題と言うしかありません。
救急車はとても高価な車両ですし、
そもそも台数を増やすだけでは救急の需要に追いつかないでしょう。
やはり有料化の道は避けられないかもしれません。
それと、救急車の介護保険適用もありかもしれませんね。
交通事故なんかよりも、
在宅老人の容態急変のほうが使用率高そうですし。
ってダメか、こんなの単位で計算出来ないですね。

とにかく救急車の有料化に賛成はしますけど、
緊急度合いの策定、金額体系など、
綿密に話し合った上で施行していただきたいです。


> kiyoaki.nemotoさん
救急車の利点は車内で応急な処置を施せることと、
救急車に道を開けてくれて混んだ道でも比較的通り抜けやすくなることでしょう。
この2つに関してはタクシーでは代替出来ません。
本来の理由で救急車を利用するはずなのに、
多少なりとも料金が発生するのはシャクですけど、
それにも増して早く正式な医学的処置を施して欲しいと思うのは、
当たり前のことなのかもしれませんね。
実際にはムダに利用している人たちに全額負担してもらいたい気分ですけど。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-19 21:45 | 健康・医療


<< キャプテン・ゾノ 競合待ち >>