NHKマイル展望

G1とはいえ歴史の浅いレースです。
しかも、今年は強い外国馬の出走がありません。
なので面白味はあまりありませんね。
どれもイマイチの感はありますが、
頭に指名するのは桜花賞馬6枠12番ラインクラフト。
通常ならば牝馬3冠のオークスを狙うのに、
相手筆頭となるであろうシーザリオとの対決を避けて、
適距離のマイルへ出てきました。
勝つにしろ、及ばないにしろ、
こういう距離を重視するのは馬のためにもいいと思います。
こと日本においては、
この時期に2400のオークスを走らせるのは辛すぎます。
秋華賞とオークスの開催時期を入れ替えてくれたらいいのに、
と昔から思っていました。
なのでラインクラフトには距離体系の再整備のためにも勝っていただきたい。
オークスが2000で開催されていたら、
シーザリオとラインクラフトの対決はこの時期に実現したかもしれないのに…
ということで。
相手は難しいです。
順当ならば武豊に乗り替わった1枠2番ペールギュント、
ニュージーランドの覇者6枠11番マイネルハーティーあたりか?
といっても絶対的に強いわけでもなさそうだし…
他にもチラホラ気になる馬が…
人気馬から買う以上、
迷って何点も手を出してもしょうがないので、
連単12→2、12→11の2点で
といっても買いませんけどね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-08 11:57 | 競馬


<< ようやく桜 あちゃー >>