水生昆虫の春

ミズバショウが自生している近所の湿地には、
昆虫などの小生物もかなりいます。
エゾアカガエルの卵塊はすぐにわかります。
これは例年と同じくらいかな
昨年は卵塊が1つだったので自宅に持って帰り
孵化成育しました。
カエルになってしまうと自分で扱うのが難しいので、
生まれ故郷の、こことかにも放流しました。
あれくらいの数だと自然淘汰よりも、
人間が育てたほうが大量に生き残ります。
でも、自然に帰した段階で、
即、えさににされますけどね。
あとの住人はアメンボ(これはアタリマエですね)に、
背泳の達人マツモムシにシマゲンゴロウ類などなど。
もちろん水底の泥や落ち葉をあされば、
ヤゴなんかも見つかりますよ。

水生昆虫は写真に撮るのが難しいので
今回は写真なしでお願いします。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-02 21:15 | 自然・季節


<< 原田知世さんのイメージ 目的の違い >>