天皇賞展望

飛び抜けた馬のいない難解なレースです。
というよりも、G1の格も疑われるようなメンバーだと思います。
いちおう菊花賞馬が2頭にメルボルンC2連覇の馬がいるのですけど、
絶対的な強さを感じないので…

その証拠のように人気も大割れです。
単勝一番人気が菊花賞馬ヒシミラクルで5.3倍くらい。
二番人気が昨年の一番人気裏切り馬リンカーン、
三番人気が昨年3着シルクフェイマス、
阪神大章典2着アイポッパー、
オーストラリアの女傑マカイビーディーヴァ、
武豊のアドマイアグルーヴ、
あたりでしょうか。
このように単勝だけでもひじょうに難しいです。
最低人気がアクティブバイオ、
ブービーがブリットレーン、
その次がユキノサンロイヤルですから、
18頭全部とまでは言いませんが、
ユキノサンロイヤルあたりまでなら勝つ可能性もあるのではないでしょうか。

こんなレースは人気薄を絡めたワイドで、
参加する楽しみを得るのも手かもしれませんね。
狙いは阪神大章典を勝ったのに人気薄な15番マイソールサウンド。
ここから全馬に流すという外法もアリかも。
全組み合わせ20倍以上ですから。
いちおう絞ると2、4、9、17、18以外。
つまり1、3、5、6、7、8、10、11、12、13、14、16の12通り。
多すぎ…

う~ん100円で遊んでみようかな?
こんなレースで真剣になるのも変だし。
買わないのがいちばんですけどね。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-05-01 09:52 | 競馬


<< 臨場感を期待します 沖縄の苦悩 >>