1972 ~田中幸雄カウントダウン~

サッカー日本代表の裏番組で
泣く泣く見送った
日ハムvs中日の第1戦
最後まで緊迫したゲームでした
川上とリーの投げ合いで
延長10回まで2対2
決着を付けてくれたのは
今季の打率190という
対左投手要員と化した田中幸雄38歳
セギノールがボテボテの投手ゴロを見て
もうダメかもしれないと思っていたのに
そのあとの選手はあきらめていませんでした
きょうホームラン(川上からセンターバックスクリーンに)を打っている稲葉
アンダーシャツレスに見える新庄が連続ヒット(本日2安打1打点)
そのあともきょう初打席の中嶋がヒットで続いて
1アウト満塁の場面で田中幸雄登場です
彼はチーム、札幌ドームに詰めかけたファンの期待に応えて
前進守備をしぶとく抜けるセンター前ヒットで
サヨナラです

もちろんヒーローインタビューは田中幸雄
稲葉でも、新庄でも、リーでもありません
彼の一打にはそれだけ重みがあるんです
あと28本
なんとか打って欲しいなぁ…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2006-05-09 23:15 | スポーツ


<< 日ハム7年ぶりの首位 泥臭い巻が好き >>