南都・奈良巡礼

関西へ行ってきました。
2泊3日の小さな旅です。

2日目のメインは奈良でした。
奈良の東大寺を見たいとリクエストがあったので
時折冷たい雨が降る中東大寺を巡ることにしました。
順路としては南大門、大仏殿。
定番ですね。
ここまでは修学旅行で見たそうです。
平日の自由旅行、ここはもっとじっくり見てみましょう。
そこから大仏殿の裏手にある正倉院。
ここは有名な建築物ですが、平日にしか公開していないため
なじみがありません。
まぁ、校倉作りという有名工法とはいえ外観を見られるだけです。
なのでコースに入れられにくいのでしょうか。
そこから、反時計回りに巡って戒壇院へ。
ここには四天王塑像としての最高傑作があります。
特に厳しい顔した広目天と多聞天が有名なのです。
自分も大仏は見たことがありましたが実物ははじめて見ました。
若干小さく見えます。
とはいえ、迫力は十分伝わってきます。
年に数回しか掃除しないのでしょう。
細かく見るとクモの巣が張っています。
そうそう、写真では見たことがない部分(後姿であるとか、足元とか)も
見られたのはすごくうれしかったのです。
それにしても、こんな有名仏像を見学しないのはナゼなんでしょう?
効率が悪いからでしょうか
京都の六波羅蜜寺にも空也上人、平清盛と言った有名像があるのに
ここも静かな佇まいだったのを思い出しました。

そこから大仏殿の前を通り過ぎて二月堂、三月堂へ。
二月堂では奈良の町を一望。
三月堂では脱活乾漆の代表的な仏像・不空羂索観音と日光月光、
それに長い間秘仏だったため彩色がまだ鮮やかな執金剛神像の塑像が有名。
ただここはあまりにも狭苦しく置かれているため
じっくり見るには不向き。
それに後ろ側から見ることも出来ませんし。
自分のお気に入りは柔らかな表情をした月光菩薩ですね。

そして、春日大社を経由して新薬師寺へ。
春日大社は建築物として有名ですが今回は巡っただけ
宝物殿は見てきませんでした。
新薬師寺には十二神将像があります。
これも切手に使われるくらい有名ですが、お寺の知名度はイマイチ
ただ、やはり有名なバサラ大将は迫力あります。
やや小柄でクモの巣も張っているのはご愛嬌。

で、ここのすぐ近くにあるのは奈良市写真美術館。
ここが最終目的地でした。
実は当初ここに来る予定はありませんでした。
でも、大仏殿で見たこの美術館の告知ポスターを見て
ゼヒ見てみたい、と思い立ったわけです。
もともと、この美術館は入江泰吉さんの作品を数多く所蔵し見せています。
しかし、この時期の特別展示は土門拳さんとのダブルネーム。
仏像写真の写真の双璧
二人の作品が同時に見られるとなればはずさずにはいられません。

上記で巡ってきた場所、仏像も2人は数多くの作品を残しています。
それと実物を見比べてみたかったのです。
よく見ると写真の仏像もクモの巣が張ってあったりしました。
何度も穴が開くほど見てきた写真なはずなのに、
また新しい発見があったりしてすごく感動しました。
入江さんと土門さんの作風の違いについては
ここでは書きません。
ただ1つ言えることは御二方とも偉大な写真家で
自分は大きく影響を受けた方々です。
その2人を比べるなんて恐れ多くて…

この日の展覧会を見た後
目録と写真集などを5冊、1万円も使ってしまいました。
でもすごく充実感があったりして
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-12-08 20:55 | 趣味・嗜好


<< からでじ 子育て20051204 >>