2分22秒1

テレビで見ました
まさか、あのレコードタイムが更新される日が来るとは…

それにしてもゴール前は見ごたえがありました。
アルカセットのデットーリが懸命に逃げて
ハーツクライのルメールが追い詰める。
結果的に早仕掛けとなったゼンノロブロイに乗るのはデザーモ。
馬だけではなく騎手も世界標準みたいでした。
タップが作り出した高速ラップを
最後まで衰えることなくまとめる馬が揃っていたということでしょう。
あの競り合いを見せてもらったのなら
どの馬が勝っていても賞賛出来ると思います。
とはいえ、自分はJCは買わないレースと決めているのですけど

そう、あのホーリックスとオグリキャップの叩き合いを見たときから
あれは見るレースに他ならないと決めてきたのです。
それ以来、何度も格を疑うようなレースもありました。
でも、きょうのレースは見て損のないレースだったと思います。

それにしても、TVでは中継されなかったけど
フランキー得意の馬から飛び降り
やってくれたのかぁ…


<競馬>JC、アルカセットが制す : 毎日新聞
英国のアルカセットが制す 競馬のジャパンカップ : 共同通信
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-11-27 23:04 | 競馬


<< 初スタッドレス アルビの性差 >>