X-DAY

d0018372_11415730.jpg





きょう見たら口が膨れていない。
隠れているわけでもないから
これは、もしかすると…

水槽の中を目の皿のようにして探してみます。
探してみます。探してみます。
アメリカンスプライトがけっこう繁茂して
底面には枯葉があるので探すのが大変です。
でも、探します。探します。探します……
いたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
体長5mm弱のちびっこが漂っています。
前述のような関係で
何匹いるのかはゼンゼンわかりません。
(しつこく見続けて8匹までは確認しました)
でも、生意気に泳いでいます。
で、よく見るとサイズが小さいだけで親とそっくりの体型をしています。
なかなかかわいいです。

と、こうしてはいられないです。
いちおう一緒にいる親の確認を…
赤虫を与える食べました。
これは、もう全部吐き出したと見るべきでしょう。
というわけでお父様は飼育水槽に移動していただきます。
飼育水槽にそのまま入れても
その水槽に居座っているメスとケンカしてしまうだろうから
2匹にエサがわたるようにお父様は水槽の中の小さな囲いの中に入れます。
この囲いは産卵ボックスとか隔離ボックスとか呼ばれているものです。
プラスチックケースに水が流れ込むように小さな穴が開いているのです。
ちょっと狭いけどガマンしてくださいませ。
というわけで無事移動完了。
でも、問題発覚。
オスがエサを食べようとしません。
さっきは一匹食べたのに…
もしかしたらまだ口の中に入っているのでしょうか?
それとも体調悪化?
よくわかりません。
様子を見るしかないですね。

咥えてからちょうど2週間。
そろそろだとは思っていたけど
2週間ピタリで、一気に吐き出すとも思っていなかったら
まだ稚魚のエサになるブラインシュリンプを用意していません。
どうしよう…
まぁ、稚魚水槽もケンミジンコとかが発生しているから
平気だとは思うけれど…
それにしても急な展開です。
さてさて、この5mmのチビスケと、食欲がないお父様
まだしばらくは目が離せません。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-10-27 21:10 | 水槽


<< サルベージ ガマンの子 >>