カイミジンコ発見





面白いなぁ
こんなところでもミジンコが湧くんだぁ
と感心した次第です。
写真ではわかりにくいですけど
浅い水溜まりの底土に白っぽい小さな点があります。
それがミジンコの仲間、カイミジンコです。
ちょうど貝殻をかぶったような形をしていて
それが水中や水面をすいーーーーっと泳ぐのでわかりやすいです。
水面に映っている建物は札幌ヨドバシの駐車場です。
知っている人もいるかもれませんが
札幌駅のすぐ近くです。
駐車場の目の前にある更地に出来た水溜まりで
カイミジンコが元気に発生しているのです。
(ちなみに某駿台予備校の隣にある更地です)
ここも駐車に使われているみたいですけど
駐車のときに出来た轍に雨が溜まったらしいのです。
う~ん、この水溜まりはどれくらい存在しているんだろう。
まぁ、ミジンコはライフサイクルが短いから
1ヶ月もあればかなり増殖していそうですね。
とはいえ、JRの高架が数10mしか離れていないのに…

もひとつ、ちなみに水面に浮かんでいるのはスジシマカのボウフラです。
あ、そういえばアメンボはいないなぁ。
ミジンコとボウフラは汚い水でも平気だから…
自然があっていいなぁ、と言うべきなのか
汚いところにも五分の魂、と言うべきなのか
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-23 21:15 | 生き物


<< 説明が必要な情報は難しい 憧れの世界 >>