水槽改良計画20050904







メイン生体を投入してようやく見られるレベルの写真が撮れました。
小さくてわかりにくいですがベタ・アルビマルギナータのペアです。
ペアといってもオスが一方的にメスをいじめていますが…
これでも投入した初日はメスのほうが強かったのに、
さすがに男の子、次の日には立場が逆転していました。
さすがに息の根を止めてしまうくらいヤリあうわけではないので、
見守ることにしています。
これで繁殖する日が来るのでしょうか?

写真を見てのとおり水面上にはアメリカン・スプライトという水草が、
かなり繁茂しています。
8/25の水槽と比べると差が歴然です。
(この状態のときからは底砂も抜いています)
このおかげで下に光が届かないくらいです。
まぁ、これを狙っているんですけど。
左の土管のすぐ上あたりにオスがいます。
そこから左方向の流木下にいるメスを狙っているところです。
オス・メスとも感情によって体色が変わってくるので面白いです。
ちなみに最近いじけ気味なメスは薄い体色のままなのです。

恥ずかしい話ですが、右の土管の上にはよく見るとヒドラがいっぱいいます。
最初のうちは退治していたのですけど、もう飽きました。
別段、悪さをするわけでもないので放って置くことにしています。
彼らが生きていけるってことはプランクトンが多くいるのだと
前向きに考えてみます。

さて、これからどうなるのか。
自分もわくわくしています。
とりあえず仲良くしてくれるといいなぁ
ベタだから難しいことはわかっていますが…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-09-04 18:20 | 水槽


<< ラット乙 実測ナビ >>