ぼうふら・イーター

ベランダの中に、わざと蚊が繁殖しやすい環境を作っています。
まぁ、小さな水槽ですね。
もちろんビオトープが作れれば申し分ないはず。
そのなかに蚊の幼虫であるボウフラをい食べる生体(メダカが適当)を入れたら
中の生体も喜ぶのではないでしょうか。
といっても食い残したボウフラが蚊に変態してしまう可能性が高いですが…
それでも蚊が多く発生する条件には、
ボウフラを捕食する生体が少ない環境と言う条件があるわけですよね。
見回してみると、そんな生体の少ないところばっかり。
これじゃ蚊が我物顔で謳歌してしまうわけですよね。

自分の場合、自分のほうから藪の中に突っ込んでいくので、
蚊の餌食になってもしょうがないです。
それでも、出来るだけ厚地の長袖を着たり、
防虫ネットを装備して対応しています。
まぁ、それでも侵入してくる輩はいるのですけど、
しないよりはましって感じかな。

フマキラーさんのコメントから察する蚊に刺されやすい人。
二酸化炭素、汗を多く排出し、動きの鈍い人。
つまりかなり太った人わけですか?
また難儀な…


フマキラーに聞いた! 蚊が出やすいスポット案内 | Excite エキサイト
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-29 12:51 | 生き物


<< 「邯鄲」徘徊 消費期限切れ消火器 >>