ガムシャラに走って勝利です。

ようやく勝ちました。
日本、イランとも主力のヨロッパ組を欠くメンバーのガチンコ勝負。
前半、かかりぎみに仕掛けた日本が前半終了近くから足が止まってきて、
イランにセカンド、ルーズを取られる展開。
でも攻撃はきちんと崩したのが多かったから、
点が入らなくても評価したいところでした。
まぁ、結果を伴わなければ、本当は罵倒に回っていたと思いますけど。
きょうは玉田が好調でした。
相変わらず足元にボールを止められず、ポストになっていない場面もありましたが、
それでも、ここ数試合ナリを潜めていたスペースに出る動きがあったので、
玉田の良さを再確認出来ました。
もう、このまま調子が戻らないんじゃないかと思っていた部分もあったので、
これでこその、日本代表です。
玉田ががんばって、はじめて大黒の良さも生きてくると思うんです。
きょうはそれが出来ていたのではないでしょうか。
2トップの一角、大黒も復調してきた模様。
あのスペースへの飛び出しは、そう簡単に止められるものではないです。
そしてゴールへの嗅覚はさすがです。
加地の得点も、後半のヘッドによる加点も、
大黒らしさが出ていたと思います。
玉田も大黒もきょうはいい仕事していました。
後半はさすがに玉田の足が止まり、
ディフェンスの3ラインが保てなくなっていました。
遠藤も満足にチェイシング出来ていなかったので、
もっと早く交代しても良かったかもしれません。
交代出場した今野は持ち味を出していました。
イランは攻めたいのに、今野の早い寄せの前にパスの精度が狂っていましたね。
そして同じく交代出場の阿部とともにMFラインを立て直していました。
あれが出来れば、中央にいい珠が来ることは少ないのですから。

とにかく勝って良かったです。
あれだけ最初から飛ばしまくって点が入らなかったら
どうなっていたことか。
勝って、予選1位通過です。
まったく意味がないとは言いません。
大切なモチベーションと、内部競争のために、
必要なことだったように思います。
きょう出なかった欧州組も危機感を持って望んでほしいですね。

日本、イラン破りB組1位 加地初ゴール、大黒追加 : 共同通信
<サッカー>日本が2―1でイラン降す W杯アジア最終予選 : 毎日新聞
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-17 22:20 | スポーツ


<< 自転車は大事 懐かしや蝉の声 >>