まさかの逆転ベスト4

自分は生放送を見ていないので伝聞になります。
うちの両親が生放送を見ていました。
2点先制されたあとの1回裏に
林の初球ライトポール際ホームランが出たとはいえ
駒大苫小牧は終始劣勢。
鳴門は左腕田中の大きな変化球と堅い守りを中心に、
隙がないように見えました。
駒大苫小牧2番手田中(前の試合で好投)が好投して、
1-3のまま膠着状態だったときまでは、
まだ逆転出来る、逆転出来る、と思っていたそうです。
でも7回に四球から崩れて捕まり1-6、
これで終わったと思ったそうです。
もういいやってわけで、夕方のおかずを買いにスーパーへ行ったら、
そこでは、「駒大苫小牧が逆転しました」の大喝采が起こっていたそうなのです。
すごいですねぇ。
見ている人が諦めた試合をひっくり返すんですから。

鳴門と駒大苫小牧は似たタイプのチーム。
勢いと運河あるほうが勝つかなと思っていました。
そして最初に波をつかんだのは鳴門のほう。
これは負けたと思っても不思議ではないでしょう。
それが脅威の5点差の逆転劇。
自分が予想出来なかった粘りもあるんですね。
まぁ道大会でもそんなに簡単に勝っていたわけではありませんけど。
鳴門との違いは諦めない心と投手陣の厚さにもあるようです。
駒大苫小牧は先発二人にセットアッパーが一人。
この方式で勝って行きます。
きょう見せた粘りも含めて、
駒大苫小牧は優勝候補の筆頭になったのは、
北海道人のひいきめだけではないでしょう。
さぁて、あと2つ。

<高校野球>駒大苫小牧が5点差から一挙逆転勝利 : 毎日新聞


> Mさん
コメント、ご指摘ありがとうございます。
さっそく訂正しました。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-17 17:41 | スポーツ


<< さすが中生代の生き残り 秋の始まり >>