身近で遠いエネルギー

我々人間は途方もなくエネルギーを消費します。
その消費によって地球が崩壊に近づいているとも言われています。
しかし、いまさら無駄なエネルギーを使うなと言われても無理なのです。
使わなくて生きていけないのです。
というわけで、クリーンで効率の良いエネルギーを作ることが急務になっています。
そのなかでも、我々の身近にあって、
もっともクリーンなエネルギーが太陽エネルギーです。
でも、擬似太陽を間近に危険でしょうがないので、
これを利用する方法を考え出すのでいいと言われています。
で、それが植物の行う光合成なわけです。
誰でも思いつくようなことですね。
でも、このエネルギーはクリーンではあるけれども、
決して効率は良くありません。
ここでふつうの人は挫折するわけですね。
それを諦めずにマジメに考えている人がいるみたいです。
この記事は読んでゼヒ勉強しないと。


読後

う~ん前途多難って感じです。
こういう大掛かりな研究には、
協力者を得る必要があるのに、
この教授は、そこらへんメチャクチャ下手そうですね。


光合成をヒントにしたエネルギー技術の現状(上) : Hotwired Japan
光合成をヒントにしたエネルギー技術の現状(下) : Hotwired Japan
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-10 22:21 | 学問・テクノロジー


<< 夢よ再び 幸運と不運 >>