BGMはボブ・ディラン

「世界を変えた」のはボブ・ディランの曲 | Excite エキサイト

写真は2004年6月、英大学から名誉博士号を受けたときのボブ・ディラン。代表撮影(2005年 ロイター)

個人的には「ライク・ア・ローリング・ストーン」よりも、
「ミスター・タンブリン・マン」のほうが好きなんです。
まぁ、そこらへんは人それぞれですよね。
ボブ・ディランの曲って詞が印象的ですよね。
「ミスター・タンブリン・マン」には自分を強力に引っ張ってくれる
優しさと力強さに詞にも曲にも唄い方にも満ち溢れているから、
だから好きなのかも知れません。

そうそう、ボブ・ディランといえば
米国の新文学賞、ボブ・ディランらの作品が候補に : ロイター
こんな話題もあるそうで、
やっぱり彼の詞に共感する人って多いんですね。

もちろんBGMは「ライク・ア・ローリング・ストーン」と「ミスター・タンブリン・マン」でした。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-06 23:24 | 音楽


<< アイヌ差別 ミジンコを求めて >>