ミジンコを求めて

みじんこを育てたいとしています。
と言っても肝心のみじんこがいません。
本来は植物プランクトンが数多くいる水を置いて、
乾燥卵が飛んでくるのをじっと待つって言うものなのですが、
自分はそんなことをしていられません。
しかも前記の方法は、みじんこよりも
アカムシやボウフラの発生のほうが早いです。
さすがにそれは我が家のベランダだけではなく、
隣近所にも迷惑をかけます。
というわけで強制発生作戦発令です。
100円のプラケースに水槽の飼育水をちょっともらってきて
そこにウィローモス(近所の川から)とミクロソリウムの破片を少々
これを太陽に当てて植物プランクトンを発生させます。
でメインとなるミジンコは、
阿蘇熱帯魚さんから発売されているエサ用の「乾燥ミジンコ」。
これを水に戻して乾燥卵があることを期待します。
出るかな出るかな。
ワクワクの実験です。
う~んまるで夏休みの自由研究のようだ…
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-06 21:42 | 生き物


<< BGMはボブ・ディラン 田中の腰が心配 >>