恋の季節

もちろん自分のことではありません。
最近、うちの水槽が騒がしいです。
といっても鳴き声をあげるわけでありません。
オトシン・ネグロの体型が牝らしくなってきたので狭い水槽内に
産卵BOXを設置してみました。
そして、そのなかに該当するものたちを投入。
これで、卵を産むのを待つばかり、
と思っていたら、もう1つの同居種グローライト・テトラも、
あの傾向が見られるようになってきました。
ドップリ太ったメスが上下に大きく泳ぎ出し、
それをスマートなオスが追いかける。
(このときけっこう狭いところにも入り込んじゃうので
水槽と産卵BOXの狭い隙間に入り込んで2匹のカップルが帰らぬ…)
狭いところを絡み合うようにキリモミ泳法。
これがグローライトテトラの繁殖風景です。
オトシン・ネグロのために換水を頻繁にしていたら、
グローライト・テトラのほうが先に反応してしまったみたいで…
彼らの求愛行動はステキです。
ステキなのはわかりますけど、
このばら撒いてしまった卵たちは…
残念ですけど助けられません。
産卵BOXは先住者がいますし、この水槽内で卵を、
明日には孵化するであろう稚魚を保護するのは至難の業です。
いつものように親たちが食べてしまうことになるでしょう。
彼らは自分の子供であることを知らずに食べてしまうのです。
悲しいことですけど狭い水槽内では当たり前のことみたいです。
ちなみに、このグローライトテトラはメス2、オス3です。
決められたカップルと言うわけではないので見事なスワッピング状態。
っていうか自由恋愛ですか?
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-08-05 00:48 | 生き物


<< 田中の腰が心配 闖入者シリーズ ~稀少なお姫様アリ >>