ダルビッシュ初黒星~年齢差22歳の対決

18歳ダルビッシュ 初黒星 : スポニチ

ダルビッシュくんにつに負けがついてしまいました。
いままで責任投球回までは負けていた試合でも、
その後、同点、もしくは逆転して負けはついていなかったのに…
まぁ、これも経験が増えていけば当たり前のことなんですけどね、
なんだか寂しいのです。

今回の相手投手は大ベテラン吉井40歳。
パ・リーグ最高齢の投手になるのかな?
こんな親子ほども年齢差のある投げあいも素晴らしいです。
ダルビッシュくんは敗れたとはいえ3失点。
先発の役割を十二分に果たしているのですから。
それにしてもダルビッシュくんは公式戦になると、
どこかしか修正点があるようですね。
今回の登板はランナー無しでもセットポジションで投球し、
必死に修正を試みたようです。
こういうところはまったく新人離れです。
吉井レベルの経験を思わせます。
ただそれでも、勝負回で自滅してしまったのは辛いです。
結局7回を投げぬいて6安打2四球。
このうち5回に3安打2四球+暴投をまとめてしまい3失点という内容。
この結果には、たぶん本人がいちばん納得していないでしょう。
修正を続けても、その修正が生かせずに3失点してしまったことを。
彼は、こういう経験を必ず克服してくれるはずです。
いままでの登板6試合を見て確信しています。
それが出来て、ダルビッシュくんは真のエースとなりうるのでしょう。

釧路  18312  3時間3分
日ハム 1 : 3 オリックス
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-31 10:20 | スポーツ


<< くどい天丼 拘束運転 >>