消費者の立場を忘れたツケ

好調『iPod』:ライバルは登場するか : Hotwired Japan

既存の、古臭い著作権ビジネスにしがみついて後手後手に回っている音楽業界。
その呪縛から逃れきれない日本の携帯音楽端末と携帯電話端末。
せっかくのビジネスチャンスを逸してしまい。
仕方なく門戸を開き始めている感が否めません。
これから巻き返すのは難しいでしょうね。
よっぽど機能と音楽ダウンロードに対するアドバンテージがないと難しいでしょう。
なにしろ、デザイン面での優位性はアップルの独壇場。
これを超えるものを作るのは難しいどころではないからです。
まぁ、トコトンもがいてください。
そんなお堅い発想じゃ逆転は難しいと言えます。
権利団体、メーカーが力を合わせて新しいものを考えないと。
といっても消費者の立場に立たない、
自分の利益ありきの発想じゃ、やるだけムダですよ。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-25 20:05 | 音楽


<< 辛いけど予想通り 極彩色の恐竜が見たい >>