雪かきのわけ

最近雪かきをなぜにガンバッテイルかと言うと
2つほど理由があるのです。
1つは雪かき、氷わりをすることにより
融けやすくすること。
川を作って融けた水の道筋を作るのも
早く融けるようにするための施策なのです。
そしてもう1つの理由は
駐車場に雪がない状態にしたいこと。
現在、駐車場にはまだ車がありません
アルジのいない駐車場のためにセコセコと雪かきをしているのは
納車される車がスタッドレスを履いていないからです。
まぁ、多少の雪や氷が在っても
アイスバーンみたいな路面を走るわけではないのですから
問題はないのでしょうけど
多分に気分的なものです。
それに納車してすぐに雪融け水で汚したくない
というのもあるのです。

日陰の駐車場は手を施さないと
自然解凍が遅くて遅くてしょうがないです。
そんなわけでヒマジンが重い腰をあげたわけなのです。

やってみると雪かきも楽しいもの
ここの氷が薄くなっているなぁ、とか
無理やりでもここを開通させると早くなるとか。
いままでに感じていなかったことを発見できて
ホント楽しんでいます。

筋肉痛が1日で回復したのはうれしい誤算です。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-04-05 20:50 | 日記


<< 河よりも長くゆるやかに 口腔ケア >>