ダルビッシュの幸運とホークスの底力

序盤の満塁ホームランと杉内の快投を見ていたら、
よもやこんな展開になっているとは思いつかなかったでしょう。
結局、本日3回目の登板のダルビッシュくんは敗戦投手にはなりませんでした。
まぁ、3勝めはならなかったけど、
その後立ち直ったのが、この最後までもつれる展開になったのだと思います。

それにしても不可解なのは杉内の投球です。
7回に突然乱れて4連続ヒット、
それまで2安打7三振の好調ぶりだったのに、
いったい彼に何が起きたのでしょうか?

そしてホークスは強いです。
西武に2連敗して、期するものがあったのだと思いますけど、
しっかりと延長10回に伏兵・荒金が決めてくれました。
この選手層の厚さと底力がホークスの強さの象徴ですね。

とはいえ馬原がまずいです。
ストッパーの精神が揺らげば付け込まれるでしょう。
なによりも冷静な心と、負けない熱い気持ちの
2つを併せ持たないと厳しいと思います。
馬原の復調がカギになるかもしれませんね。

東京ドーム  4時間2分  16491
日ハム 7 : 8 ホークス
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-12 23:40 | スポーツ


<< 「スターウォーズ」という伝説が完結 進化?or 退化? >>