水槽改良計画20050707

引越ししてから半年以上たちました。
そろそろ、水槽の改良をしたくてうずうずしてまいりました。
引越しをするときに、そのまま持ってくるわけにもいかず、
水草、生き物ともに大粛清を行いました。
本来、ミナミヌマエビオンリーの水槽だけを活かして、
そこにアヌビアス・ナナやミクロソリウム・ウィンデロープを投げ込んだのです。
それにグローライトテトラの何匹かとホトケドジョウの2匹に
コリドラス・ジュリー2匹にオトシンクルス・ネグロ3匹。
このすべてを30cm水槽に詰め込んだのです。
(器具のほとんどは廃棄。エーハイムの外部フィルタは友人へ)
まず、お気に入りだったホトケドジョウが昇天し、
一気にドンヨリムードです。
それ以来、ほぼ放置状態だったのです。
もともとエビ水槽なのでガラス面などの藻もそのままです。
つまりあまり中が見えないんです。
そんなことをスケープゴートにして放っていました。
それでもときどき生存確認はしていたのですよ。
あれだけ多かったエビも子孫が絶えてしまい、泳ぐ姿を確認出来なくなりました。
ほどなくしてコリドラス・ジュリーも自滅(いつも浮き袋の過剰膨れみたいな死に方)し、
残るは、グローライトテトラとオトシンクルス・ネグロだけになりました。
で、最近は毎日10時間ほどライトをつけてあげています。
これで水草も活気を取り戻すかに思えたのですか、
増えたのはアオミドロ…
ミクロソリウム・ウィンデロープもただのミクロソリウムにしか見えないし、
なんかムカついてきました。
なので、ついに重い腰をあげます。
アオミドロの除去とスネイルの退治です。
(カワニナもすでに全滅、なぜかウィローモスも残っていない…)
ガラス面のコケはあえて除去しないですけど、
もう少し観賞に耐えられる状態にします。
そして、買い増ししたいなぁ…
またミナミヌマエビを購入したいです。
でも、グローライトテトラに食べられちゃうの目に見えているからなぁ…
手に入れるのは難しくないけど、すぐには導入しかねるのです。
底ものもオトシンクルス・ネグロだけじゃあ寂しいなぁ。
実はこちらの底ものをメインにしたい気分なのです。
草食系で底ものというとプレコしかいません。
でも30cmには大きすぎるのが難点。
それに安価なプレコだと色カタチがオトシンクルス・ネグロとかぶってカワイソウ。
う~ん悩めるところです。
とりあえず、アオミドロの粛清だけで、
他は後回しです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-07-07 23:02 | 生き物


<< 日本のビートルズの定義とは何か? ヲタ違い >>