パリーグ前半戦天王山の行方050628

注目の前半戦天王山。
ホークスvsロッテの首位決戦です。
エース清水が昇り調子のホークス打線をどのように抑えるのか。
防御率トップの杉内がリーグナンバーワンチーム打率のロッテ打線とどう相対するのか。
日曜日からワクワクものでした。

結果はいまの勢いがそのまま出た感じでしたね。
ホークス打線は清水に2本塁打を含む11安打を浴びせて5得点。
一方の杉内は今季ぜんぜん少なかった四球を3つも出して不調そのもの。
それでも2失点で切り抜け、
終わってみれば6:2のホークス完勝。
2連戦の頭を叩きました。
それに、大事な要素が一つ。
三瀬が復調気配です。
1イニングを死球一つでホールドです。
彼の調子がおかしくなってきたのって
頭部危険球のときからな気がします。
そういう意味でも死球を出しても、
そのあと崩れなかったのは評価出来るのではないかと。
うん、明日も楽しみです。


千葉マリンスタジアム  3時間10分
ロッテ 2 : 6 ホークス

Excite エキサイト : ソフトバンク66日ぶり奪首!3本塁打で首位攻防戦快勝 : スポーツニュース
Excite エキサイト : 破竹9連勝!ソフトバンク66日ぶり首位 : スポーツニュース
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-28 23:53 | スポーツ


<< ホークス10連勝で天王山2タテ 日ハム18安打で大勝 >>