松坂に投げ勝ってダルビッシュ2戦2勝

Excite エキサイト : <日本ハム>ダルビッシュ、松坂に投げ勝つ 先発で2戦2勝 : スポーツニュース
Excite エキサイト : ダル松坂超えた 2試合連続勝ち星 : スポーツニュース
Excite エキサイト : “怪物”に投げ勝った!日本ハム・ダルビッシュ堂々2勝目 : スポーツニュース

少なくとも北海道では注目度抜群のきょうの試合。
平日のナイターにもかかわらず3万人の大入りなのです。
でも、こんな人気カードにテレビ中継がないのは悲しいことです。
全国放送しろとは言いません。
せめて北海道だけでも地上波で…

きょうはダルビッシュの2戦目の登板日。
しかも相手投手は日本No.1ピッチャーの松坂大輔。
これで盛り上がれなければ困るでしょう。

ダルビッシュくんは相変わらず四球を出しています。
毎回のように四球を出してランナーを背負っています。
ここは修正しないと投球数とかに響いてきますね。
でも、彼が非凡なのは、その後に併殺打を打たせることです。
これでピンチを切り抜けているの多いですから。
この明らかな不味さとうまさが交じり合っているのが、
現在のダルビッシュくんの状態なのでしょうね。
初回に四球がらみから失点して、
5回にも四球がらみから同点に追いつかれています。
一方の松坂は負けが込んでいるとはいえ、
さすがのピッチング。
エラーがらみで自責点1の2点は献上したものの、
6回まではほぼカンペキ。
それなのに7回に死球、内野安打(田中幸雄!)などで満塁にした後、
坪井に痛恨の四球、連続で小田にも死球を与えて押し出し2失点。
いくら150kmの速球を投げても、見分けられてはしょうがないです。
8回からはホークス戦に休肩をもらっていたマイケルの久しぶりの登板で、
3者凡退、中軸打線を抑えて楽々ホールド。
最後はもちろんダースベイダーのテーマにのって横山が登場、
必勝リレーなのです。
ダルビッシュくんの投球は7回までで5安打102球です。
被安打数はいいけれど、
投球数は、もう少しまとめて欲しいなぁ、
と思うのは先発完投をしてもらいたいからです。
日ハムのみならず日本を代表する投手になってもらいたいから。

でも、がんばってくれましたダルビッシュくん。
高卒ルーキーに2戦2勝なんてふつうじゃ出来ないですよ。
きょうの対戦相手の松坂でも出来なかったんですから。
それに引き換え松坂は5安打で4失点。
自滅はやめていただきたいものです。
まぁ、北海道は盛り上がったからいいけど。

札幌ドーム  3時間1分
日ハム 4 : 2 西武
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-27 21:20 | スポーツ


<< 56億7千万年後 ジョーク商品です。 >>