お茶ーーーーー

さっきお茶をこぼしたら、
不運なことにキーボードも浸水しました。
こぼれたお茶をふき取り(内部のは捨てただけです)
そろそろ乾いたかなぁ、とキーボードを叩いてみると…
まるっきり別の文字が打ち出されます。
となると、内部は乾いていないのかな?
もしかすると直らない?
そんな、危機的な中にもスチャラカな管理人は、
明日まで様子を見ることにしています。
この文章は、予備のUSBキーボードを繋いで打っています。
(この他に、もう一つコンパクトサイズキーボードがあったりします)
う~ん、打ちなれないキーボードは使いにくいです…
と、懲りずにお茶を飲みながら書いているのです。


> kiyoaki.nemotoさん
コメントありがとうございます。
現在キーボードは無事に復活しています。
まぁ、砂糖は入っていないのでべた付きもないのでダイジョウブかな?
カバーは昔は買おうかとも思いましたが、
タッチフィーリングが変なので…
それにこのキーボードにあうのがあるのかな?
現在使っているのは前の会社のサーバに使ってたもの。
老朽化して廃棄するときキーボードだけもらってきたものです。
ラップみたいに独自で作らないとダメな気がします。
それにラップでカバーにするのは難しそうです。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-25 01:52 | PC・ネット


<< 発ガン 校正ミス発見シリーズ050625 >>