白内障の手術を受ける人

先日、母の白内障手術について書きました。
そして母の通院に付き添っていて気が付いたことがあります。
自分の母親に限らず、両目の手術を受けている人が多いということです。
もちろん、手術は一遍に両目を施されるわけではありません。
1週間後か、2週間後にまた手術を受けるのです。
そうすると、前回も手術を受けていた人と会うことになるのです。
もちろん完全に統計を取ったわけではありませんので、
言い切ることは出来ません。
しょせん一つの病院のちょっとした印象です。
でも案外当たっているのでは思っています。
自分の母親を例に取ると、たぶん片目が見えにくくなっても
悪くなっていないほうの目一つで耐えているのではないでしょうか。
まだダイジョウブだと思っているのではないでしょうか。
いままで無事に生活してきたことの自負が、
多少の不具合くらいで大騒ぎしたくないとことに繋がるのではないでしょうか。
その気持ちわからないでもありません。
自分も視力が落ちてきています。
特に最近のモニタを見る目の疲れが大きいのです。
でも、これくらいで眼科にかかろうとは思いません。
これと同じような心理が働くのではないでしょうか。

白内障の手術を受けるかたがたは、
自分の母親も含めて、何人かの付き添いの方がいらっしゃいます。
そのかたがたの薦めもあったのではないでしょうか。
たぶん、自分の意志だけではなく、
他人からの薦めがないと積極的に手術はしないのでしょうね。
よっぽど具体的な証左がない限り。
証拠を見せて、本人をその気にさせる。
そうしないとナカナカ納得してくれないものです。
それを解決すれば、いろんな好影響が出てくることに気付いてもらわないといけないのです。
これは眼科の先生の仕事ではありません。
家族が大きく関わっているのでしょう。


> kiyoaki.nemotoさん
コメントありがとうございます。
この記事はkiyoaki.nemotoさんに向けているように見えなくもないですね
白内障に関しては、もともと何回かに分けてレポートしようと思っていたので、
それだけではないことは確かです。
まだネタを見つけられないのでわかりませんけど
もしかしたら、あと数回書き足すかもしれません。
>> 眼精疲労、ドライアイ
自分の症状に関しては、もうしょうがない部分があります。
食事、サプリメントによるものはよほど続けなれば効果が少ないかもしれません。
自分の感覚ではプラセボ程度だと思っています。
やっぱりいちばん効果があるのは点眼薬と遠景注視でしょうね。
点眼で具体的な作用を施して、
遠景を見ることで眼球周りの筋肉を動かす。
昔からこれで耐えてきたんですけど、
そろそろやばくなってきたようです。
それでも裸眼で1.0は切っていないと思うんですけど…
怖くて視力を測りたくないです。

> kiyoaki.nemotoさん2
コメントありがとうございます。
昔から目に頼り切った生活をしているので、
ちょっとの違和感が怖いのですわ。
視力は20年以上1.5をキープしていますね。
視力が2.0以上の人は眼精疲労に弱いと聞きますね。
どれくらい弱いのかはわかりませんが。
と、今度は視力に関しても別項で書いてみます。
視力1.5を保つための気配り
とでも題せば、だまされる人がいるかもしれません。
いちおう自分のは体験談のみですよ。
[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-21 20:50 | 健康・医療


<< 同意同意 ライバルはベビースター >>