稚魚

自分の家は地下鉄駅5分圏内なんですけど、
すぐ近くの川にはヤマメがいたりします。
さしすが北海道と思える瞬間です。
この時期のヤマメは稚魚が多いです。
この川は禁猟苦の設定がないのですけど
やはり自発的に控えたりするのです。
毎年、体長3cmくらいの魚影がいっぱい見られるとうれしくなっちゃいます。
その稚魚を捕まえてみました。
こんな稚魚を釣るほうが難しいのです。
なので手網ですくってしまういます。
まぁ、稚魚とはいえすくうのも大変なのですけどね。
近所の小学生がうらやましがるという自慢も添えておきます。
ヤマメは大きくなって海に下るものも現れます。
そうなるとサクラマスと名前を変えます。
この住宅街を通る間は川幅1mに満たないところが続きます。
そんな川を母なる川として、
毎年数匹は遡上してくるのです。
今年はこの稚魚の中からどれくらいサクラマスとなるのでしょう。
そんなことが好きで、
毎年、この稚魚たちと戯れるのです。

あ、いちおう書きますけど、
このあとすぐに逃がしました。
ヤマメは生育させるの難しいですから。

d0018372_19192574.jpg

[PR]
by yakumo-murakumo | 2005-06-19 19:21 | 生き物


<< パ・リーグ主義 結果は大事 >>